FreeBSD Daily Topics

2007年6月13日 《要注意》pam_nologin(8)モジュール変更(設定ファイルの編集が必要),net80211レイヤ変更(再構築必要,使用モジュールの変更)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

pam_nologin(8)

《要注意》2007年6月10日付で7-CURRENTのpam_nologin(8)モジュールに変更が加えられました。この変更で認証関数が廃止されかわりにアカウント管理関数が導入されています。
この変更に伴い,/etc/pam.d/における各設定ファイルを更新後のものに置き換える必要があります。システムを更新した後にmergemaster(8)を実行して設定ファイルのアップデートを忘れずに実施してください。
また,/usr/local/etc/pam.d/にインストールされるアプリケーションの設定ファイルについては個別に手動で編集を行う必要があります。行頭の「auth」「account」へ編集するのを忘れないようにしてください。

net80211 layer

《要注意》2007年6月10日付で7-CURRENTのnet80211レイヤに変更が加えられました。この変更によって同レイヤに依存しているワイヤレスドライバをすべて再コンパイルする必要がある他,ifconfig(8),wpa_supplicant(8),hostapd(8),wlanstats(8)など同インターフェースを使うコマンドも再コンパイルする必要があります。
ユーザは同変更後はワイヤレス機能を使うためには「wlan_scan_sta」カーネルモジュールと場合によっては「wlan_scan_ap」モジュールの両方を使うことになります。同モジュールではステーションのスキャンとアクセスポイントのスキャン機能が実装されています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入