FreeBSD Daily Topics

2007年6月28日 code freeze開始 - FreeBSD 7.0-RELEASEへ向けた作業開始,cron(8) PAMのサポート追加,bind etc/namedb/master追加,ほか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

code freeze

2007年6月19日(協定世界時),srcツリーがFreeBSD 7.0-RELEASEへ向けたコードフリーズに入りました。リリースへ向けた作業が実施され,大幅なAPI/ABI変更や機能追加はしばらくはコミットされないことになります。

src

etc/pam.d usr.sbin/cron/cron usr.sbin/cron/lib

cron(8)にPAMのサポートが追加されました。これによって存在していないまたはologin(5)が指定されたユーザのコマンドはスケジュールに入っている場合でもスキップされ実行されないようになります。この変更の影響を受けるのはユーザの個人的なcrontabのみで,システムのスケジュールである/etc/crontabは影響を受けません。これによってユーザによるバックドアの実施がより難しくなります。

etc/namedb etc/namedb/master

ゾーンファイルのために/var/named/etc/namedb/master/ディレクトリが追加されました。設定ファイルが作成されていますのでmergemaster(8)を使って設定ファイルをマージすることを忘れないようにしてください。

sys/dev/sound/pci/hda

Intel High Definition Audioブリッジデバイスドライバsnd_hda(8)に改善が加えられました。Olivetti Olibook 610-430 XPSEにおけるヘッドフォンジャックセンシングサポートが改善されています。

doc

src/release/doc

FreeBSD 7.0-RELEASEへ向けドキュメントの整備がはじまっています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入