FreeBSD Daily Topics

2007年7月4日 SCHED_SMP改善―バグの修正やパフォーマンス向上,MySQLの書き込み性能の大幅な改善,OpenLLDP/GoogLog導入

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

development

SCHED_SMP

Jeff Roberson氏によってSMP向けのカーネルスケジューラの開発が進められています。Jeff Roberson氏はULE/ULE 2.0カーネルスケジューラの開発者でもあります。便宜的にここでは同氏が開発を進めているこのスケジューラをカーネルオプション名から「SCHED_SMP」スケジューラと呼ぶことにします。

同様の規則でいうと,従来から使われているスケジューラは「SCHED_4BSD」,同じく開発が進められているスケジューラが「SCHED_ULE」ということになります。

2007年7月2日,バッドパフォーマンスや誤ったロードカウントなどに関する問題を修正したSCHED_SMPスケジューラパッチが公開されました。同パッチにはfcntl()の改善によるMySQLの書き込み性能の大幅な改善が取り込まれているとされています。

同スケジューラに興味があるアドバンスドユーザやデベロッパは同パッチを試験し,安定性や動作性能に関する報告をお願いします。同氏は反応が好評である場合,7.0までにカーネルにマージしてもいいのではないかと考えているようです。

ports

net-mgmt/openlldp

IEEE standard 802.1ABリンクレイヤディスカバリプロトコルの包括的な実装を目指しているプロジェクトの成果物「OpenLLDP」がPorts Collectionへ追加されました。LLDPはExtremeディスカバリプロトコルやCiscoディスカバリプロトコルといったプロプライエタリプロトコルの代替となるべく開発が進められているプロトコルです。

sysutils/googlog

syslog形式のファイルデータを検索する簡単なWebアプリケーションである「GoogLog」がPorts Collectionへ追加されました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入