FreeBSD Daily Topics

2007年8月28日 《要注意》BIND 8 End of Life,Jython 2.2登場,ConsoleKit追加,grsync追加,ocsinventory追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

BIND 8 EoL

current - 《要注意》2007年8月27日(米国時間),ISCはBIND 8のステータスをEnd of Life(EoL)に変更したことを発表しました。FreeBSDでは4系までがBIND 8を採用していますが,すでに4系はEoLに変更されています。今回の発表に合わせてPorts Collectionに登録されているdns/bind8とdns/bind84にも変更が加えられています。

dns/bind8はFORBIDDENへ,dns/bind84はDEPRECATED(期限: 2007年11月30日)へと変更されました。依然としてBIND 8を使っている場合は早急にBIND 9への移行作業を検討してください。とくにFreeBSD 7+BIND 9は優れた性能を発揮することがわかっています。

ports

lang/jython

Javaで実装されたPython実行環境であるJythonのportが2.2へ更新されました。Jython 2.2はC Python 2.2に対応したリリースで,同プロジェクト初のプロダクトレベルリリースと位置付けられています。JavaとPythonの双方を活用したい場合には採用を検討してみてください。

sysutils/consolekit
x11/gdm

ザトラッキングやユーザデファインのためのフレームワークConsoleKitがPorts Collectionへ追加されました。同フレームワークは最近のバージョンのPolicyKitで要求されており,特にグラフィカルログインマネージャであるgdm(1)においてユーザとセッションのトラッキングに活用されます。gdmのportにはConsoleKitを使うためのオプションが追加されています。

net/grsync

rsync(1)に対するGTKフロントエンドであるgrsyncがPorts Collectionへ追加されました。

net-mgmt/ocsinventory-agent

インストールされたソフトウェアやPCの設定をネットワークを経由して管理するためのアプリケーションOpen Computer and Software Inventory Next GenerationがPorts Collectionへ追加されました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入