FreeBSD Daily Topics

2007年8月29日 シンボルバージョニング説明ドキュメント更新,タイムゾーンデータ更新,各種MFC実施

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

Library versioning under FreeBSD

current - FreeBSDにもひとつのライブラリで複数のバージョンを提供する仕組みであるシンボルバージョニングが導入されたわけですが,シンボルバージョニングやその実装について解説したドキュメント「Library versioning under FreeBSDが更新されました。シンボルバージョニングに興味があるデベロッパやシンボルバージョニングについて知りたいと考えているユーザは同ドキュメントを読んでみるといいでしょう。

src

src/share/zoneinfo

cruuect - Arthur Olson氏そのほかから寄せられた情報をもとにタイムゾーンデータベースが更新されました。同変更によってエジプト,オーストラリア(2008年以降の規則に対応した新しいDSTルールに更新),米国インディアナpp州などの地域のタイムゾーン情報が更新されています。

sys/vm

stable - sys/vmに関する各種コミットが6-STABLEへMFCされました。

src/usr.bin/tar
lib/libarchive

stable - BSD tarに関する各種コミットが6-STABLEへMFCされました。

MFC

stable - そのほか多くの機能が7-CURRENTから6-STABLEへMFCされています。6系をm使っている場合にこれら新機能を使いたい場合は,最新の6-STABLEへとシステムをアップデートしてください。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入