FreeBSD Daily Topics

2007年11月6日 i386/amd64/powerpcのデフォルトスケジューラをULEへ,4BSDスケジューララウンドロビン実装の変更で潜在的デッドロックを回避他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

ULE Scheduler

current - i386(2007年10月19日),amd64(2007年10月19日),powerpc(2007年10月23日)の3つのアーキテクチャ向けデフォルトスケジューラが4BSDからULEへ変更されました。ia64,pc98,sparc64,sun4vアーキテクチャにおけるデフォルトスケジューラは4BSDのままになっています。armは2007年10月16日の変更でULEが有効にできるようにコードが変更されました。今後の動作確認や改善で,他のアーキテクチャにおいてもデフォルトスケジューラがULEになる可能性があります。このまま進めば,7.1-RELEASEからメジャーアーキテクチャのデフォルトスケジューラはULEになります。

sys/kern/sched_4bsd.c

current - 4BSDスケジューラにおけるラウンドロビン実装が変更されました。ユーザランドプリエンプションを引き起こす定時タイムアウトの代わりにスレッドがすべてのクオンタムを使い尽くしたときには,sched_clock()を経由したhardclock()から直接ユーザランドプリエンプションがトリガされます。この変更で特定条件下における潜在的なデッドロックが発生しないようになります。

MAC Framework

current - Mac OS X Leopardから寄せられたTrustedBSD MAC Framework KPI変更がマージされました。

contrib/sendmail

current - sendmailが8.14.2へアップグレードされました。

src/contrib/ipfilter

current - IPFilter 4.1.28がマージされました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入