FreeBSD Daily Topics

2007年12月11日 NEC Express5800 iモデル FreeBSD動作報告,"-Os"コンパイルオプション問題

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

NEC Express5800 iモデル

stable - NECが展開しているIAサーバシリーズにExpress 5800シリーズがあります。特に国内市場で高い人気を誇るプロダクトシリーズです。同シリーズのうちiDC(インターネットデータセンタ)のプロダクトモデルに「iモデル」があります。

iモデルで正式サポートされているOSはRed Hat Enterprise Linuxですが,iDCで採用されるOSはOSS OSが多いためサポート対象外としながらもOSの動作結果がiモデルのサイトで提供されています。同モデルではFreeBSDの動作結果も随時公開されているため,興味がある技術者やCTOの立場のユーザは同サイトを調査対象に追加していくと良いでしょう。

報告されている以外のバージョンのFreeBSDの動作結果を知りたい場合は窓口に問い合わせてみてください。

src

unionfs over cd9660

current/stable - これまでcd9660をベースシステムとしてunionfsマウントを実施した場合に問題がでているという報告がありましたが,同問題を報告していた開発者から,どうもソースコードに原因があるのではなく,コンパイラのバグが問題ではないか,という調査結果が報告されています。

とくに-Osのオプションが原因になっているのではないかという意見が寄せられています。システムが原因不明の問題を起こしている場合,-Osを指定していないかチェックしてみてください。または同様に原因不明の問題が発現している場合,一度コンパイルオプションをすべて無効にして試してみると良いでしょう。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入