FreeBSD Daily Topics

2007年12月17日 FreeBSD 7スケールグラフ,awesome最新版,cdrkit登場,qmail RESTRICTED削除,uniconvertor追加]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 7 scales

stable - FreeBSD 7は6と比較してマルチコア/プロセッサにおいて性能がスケールします。stableのメーリングリストにおいて7が6よりもスケールする様子をしめすグラフが紹介されました。

これまで何度か紹介されているグラフですが,6と7を比較するわかりやすいグラフですのでチェックしておくと良いでしょう。

ports

x11-wm/awesome

タイル型ウィンドウマネージャawesomeのportが2.0へアップグレードされました。

sysutils/cdrkit

DVD/CDへの書き込み,CD-RWのブランク化,ISO-9660ファイルシステムイメージの作成,音楽CDデータの展開などを実施するプログラムcdrkitがPorts Collectionへ追加されました。同ツールはcdrtools-*およびcjk-cdrtools-*と衝突します。両方インストールはできませんので,どちらかを選択して使う必要があります。

mail/qmail
mail/qmail-dk

qmailのライセンスがパグリックドメインへ変更されたのに合わせて,qmailのportからRESTRICTEDの指定が削除されました。qmail-dkからもRESTRICTEDの指定が削除されています。

graphics/linux-cairo

Linux版CairoライブラリがPorts Collectionへ追加されました。

graphics/uniconvertor

ベクタグラフィックを変換するプログラムUniConvertorがPorts Collectionへ追加されました。同プログラムではベクタデータの変換にsK 1エンジンを使っています。

サポートしているフィルタは入力データがCDR/CDT/CCX/CDRX/CMX,Adobe Illustrator 9までのデータ(AI PostScriptベース),PostScript,EPS,CGM,WMF,XFIG,SVG,SK,SK1,AFF,出力データがAI(PostScriptベースAdobe Illustrator 5.0形式),SVG,SK,SK1,CGM,WMFとされています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入