FreeBSD Daily Topics

2007年1月11日 FreeBSD FirefoxにおいてLinuxバイナリプラグインを使う方法 nspluginwrapper

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

www/nspluginwrapper

ports - FreeBSD FirefoxにおいてLinuxバイナリで提供されている各種プラグイン(Flash 7,Flash 9,Adobe Reader 7/8,Realplayer)を活用する方法にnspluginwrapper(www/nspluginwrapper)を使う方法があります。

プラグインがアップデートされた場合にはnspluginwrapperのほうもアップデート処理を実施する必要があります。たとえば最近Adobe Reader 8が導入されたり,Flash 7/9のportがアップグレードされたわけですが,そうったタイミングで再度nspluginwrapperを実行します。

いちいち手動でアップデートするのは面倒なので,次のようなスクリプトを作成しておいて,プラグインが動作しなくなった場合に実行するようにしておくと便利です。

nspluginwrapperを使ってLinuxプラグインを活用するためのスクリプト

#!/bin/sh

# remove plugins
for target in $(ls ~/.mozilla/plugins/ | fgrep .so)
do
    echo nspluginwrapper -r ~/.mozilla/plugins/${target}
    nspluginwrapper -r ~/.mozilla/plugins/${target}
done

# /usr/ports/www/linux-flashplugin7/ or /linux-flashplugin9/
if [ -f /usr/local/lib/npapi/linux-flashplugin/libflashplayer.so ]
then
    echo nspluginwrapper -i /usr/local/lib/npapi/linux-flashplugin/libflashplayer.so
    nspluginwrapper -i /usr/local/lib/npapi/linux-flashplugin/libflashplayer.so
fi

# /usr/ports/japanese/acroread/
if [ -f /usr/local/Adobe/Acrobat7.0/JPN/Browser/intellinux/nppdf.so ]
then
    echo nspluginwrapper -i /usr/local/Adobe/Acrobat7.0/JPN/Browser/intellinux/nppdf.so
    nspluginwrapper -i /usr/local/Adobe/Acrobat7.0/JPN/Browser/intellinux/nppdf.so
fi

# /usr/ports/japanese/acroread8/
if [ -f /usr/local/Adobe/Reader8/JPN/Adobe/Reader8/Browser/intellinux/nppdf.so ]
then
    echo nspluginwrapper -i /usr/local/Adobe/Reader8/JPN/Adobe/Reader8/Browser/intellinux/nppdf.so
    nspluginwrapper -i /usr/local/Adobe/Reader8/JPN/Adobe/Reader8/Browser/intellinux/nppdf.so
fi

# /usr/ports/multimedia/linux-realplayer/
if [ -f /usr/local/lib/linux-mozilla/plugins/nphelix.so ]
then
    echo nspluginwrapper -i /usr/local/lib/linux-mozilla/plugins/nphelix.so
    nspluginwrapper -i /usr/local/lib/linux-mozilla/plugins/nphelix.so
fi

Flash 9の動作はあまり安定していません。Adobeから正式なFreeBSD版Flash 9の提供が期待されるところです。

ports

devel/goffice
devel/goffice04
science/gchemutils
finance/gnucash

GLibやGTK+向けのドキュメントセントリックコンポーネントセットであるGofficeのportが0.6へアップグレードされました。これに合わせて従来のバージョンはdevel/goffice04へ移行しています。バージョン変更に伴いGnome Chemistry UtilsとGnucashのportがdevel/goffice04を使うように変更されました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入