FreeBSD Daily Topics

2008年7月14日 ベースシステムのBIND更新,yacc(1) 33年ものバグ修正,Martin Wilke Tinderbox,Logwatchシステムログ管理,BSDanywhere他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

BIND update on src?

Bind 9.5/9.4/9.3のportがセキュリティ対応版へアップグレードされました。ベースシステムに対する変更は現在作業がおこなわれています。ベースシステムのBINDがアップグレードされたあとはアナウンスが流れるのではないかとみられますので,指示に従い最新のセキュリティブランチへアップデートを実施してください。

yacc(1) 33-year-old bug

OpenBSDデベロッパであるOtto Moerbeek氏が,yacc(1)に33年間に渡って存在していたバグを発見し修正しました。Otto Moerbeek氏は自身の開発しているmalloc実装のチェック中にsparc64で大規模C++プロジェクトのビルドがインターナルコンパイラエラーになるという報告を受け,調べていったところ今回のバグを発見するに至ったとしています。

Tinderbox

ports - pointyhatビルドクラスタでPorts Collectionからパッケージの生成に使われているパッケージビルドクラスタシステムがTinderboxです。Tinderbox自身はPorts Collectionにports-mgmt/tinderboxとしてまとめられています。Jailを活用して構築環境をセットアップするほか作成したportのチェックやアップデート,依存関係の試験などにも活用できます。

これまでMartin Wilke氏が構築してきたTInderboxサーバのURLが変更されました。新しいTinderboxサーバは次のURLからアクセスできます。パッケージビルドのチェックや新しいパッケージの取得などに活用できます。

src

lib/libarchive

current - libarchiveにおいて,数値がアサインされているにも関わらず一度も使われていないものが整理されました。コミットログには「Found by: LLVM/Clang Static Analyzer」という記載がみられ,LLVMのClangスタティックアナライザの機能が活用されたことがわかります。

ports

www/clickheat

Webページのクリック場所頻度を仮想的なヒートマップとして表示するツールアプリケーションClickHeatのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。JavaScriptで実装されています。ページのデザインの検討や分析に活用できるツールと言えます。

links

Logwatch on FreeBSD

FreeBSDにLogwatch(sysutils/logwatch)をインストールして使う方法がFreeBSD Install Logwatch Tool For Log Analysis and Monitoringにおいて説明されています。Logwatchを使うとシステムログを監視してメールで送信させることができるようになります。サーバ監理をするうえで有益なツールですので,これまで活用したことがない方は一度検討してみるといいでしょう。

BSDanywhere

Booting BSDanywhere Beta2においてBSDanywhereの動作例が動画で紹介されています。BSDanywhereはOpenBSDをベースにして開発されたLiveCDです。ウィンドウマネージャにはEnlightenmentが採用されています。

BSDanywhereについてはBSDanywhereのサイトから情報を辿れます。

 Booting BSDanywhere Beta2 動画画面

図 Booting BSDanywhere Beta2 動画画面

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入