FreeBSD Daily Topics

2008年7月28日 KDE4状況報告,KDE 4.1 RC1+対応,Google App Engine Oil登場,MySQL 6.0登場,Skyfish導入,Samba3更新他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

KDE4 Status Report

current - Martin Wilke氏は2008年7月25日(ドイツ時間),KDE4の移植状況について報告しています。テスターが少ないことを嘆きつつ,いくつかの修正とともにKDE4のportをRC1+へアップグレードしたと報告しています。以前のバージョンよりも快適に動作するとされています。

FreeBSD 6.3 amd64/i386がサポートされた他,GStreamerを使わない場合でもネイティブにxineバックエンド動作,mkspecsのQt4/cmake問題の修正,コンフリクト問題の修正,Koffcie 2.0 alpha 9サポートの追加,i18n portの進展(ただし10%ほど)などが実現されています。

図1 KDE4 on FreeBSD動作画面 - Martin Wilke氏ブログより抜粋

図1 KDE4 on FreeBSD動作画面 - Martin Wilke氏ブログより抜粋

図2 KDE4 on FreeBSD動作画面 - Martin Wilke氏ブログより抜粋中

図2 KDE4 on FreeBSD動作画面 - Martin Wilke氏ブログより抜粋

ports

www/gaeo
www/google-appengine

Google App Engine上で使えるWebフレームワークGoogle App Engine Oil(GAEO)のportが新しくPorts Collectionへ追加されました。GAEOはGoogle App Engineを使ったWebアプリケーション開発をより高速に実施するためのフレームワークで,設定内容が少なくてすむという特徴もあります。

GAEOによって追加される新しい機能にはウェルフォームURLルーティングや拡張されたリクエストハンドラ(コントローラ),拡張されたORMなどがあります。またGoogle App Engineのportも1.1.1へアップグレードされました。

databases/mysql60-server
databases/mysql60-client
bsd.database.mk

MySQL 5.1のportをコピーする形で,新しくMySQL 6.0系向けのport(databases/mysql60-server databases/mysql60-client)が追加されました。執筆現在ではMySQL 6.0.5-alphaが対象アプリケーションとして設定されています。bsd.database.mkにもMySQL 6.0対応コードが追加されました。

emulators/wine

Windows API互換レイヤWineのportが1.1.2へアップグレードされました。多くのバグが修正されている他,コントロールパネルの改善,新しいアプリケーションウィザードパネルの導入,Direct3Dにおけるステートハンドリングの再構築,タイマーキュー関数のサポート,MSXML実装の追加などが実施されています。

net-im/pidgin-facebookchat

PidginにおけるFacebookチャットプラグインのportが新しくPorts Collectionに追加されました。新しいFacebook Chat IMサービスに接続できるほかAPIキーが不要という特徴があります。

net/samba3

Samba3のportが3.0.31へアップグレードされました。Samba PDCにおいてWinbindを実行している場合に発生していた問題が修正されているほか,トラステッドWindows 2008ドメインに関する問題の修正などが実施されています。

net/skyfish

HTTPプロトコル経由で送信された情報をディスクに保存するツールSkyfishのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。タイプによるフィルタリングや複数のインターフェースを同時に監視するといったことができます。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入