FreeBSD Daily Topics

2008年8月6日 クラッシュダンプ分析コマンドcrashinfo(1)登場,Qt4.4.1への更新,ディスククローラStrigi追加,Ypsilon登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

usr.sbin/crashinfo

current - クラッシュダンプを単純ながらも解析するためのコマンドcrashinfo(8)が新しくsrcツリーに追加されました。フルダンプに対してもミニダンプに対しても適用できます。crashinfo(8)を実行するとkgdb(1),ps(1),netstat(1),vmstat(8),iostat(8),dmesg(8),fstat(1)などのコマンドを使ってダンプデータを分析した結果が表示されます。このスクリプトはYahoo!から寄贈されたもので,2週間後には7-STABLEや6-STABLEへマージされると見られます。

ports

Qt4

Qt4がQt 4.4.1へアップグレードされました。このアップグレードによってこれまでいくつかのportに存在していた問題が修正されています。Qt4のアップグレードを実施する場合,ヘッダやライブラリの配置場所が変わったこともあり,先にqmake4とqt4-corelibを更新する必要があります。portmaster(1)やportupgrade(1)などを使ってQt4のアップグレードよりも前に更新しておいてください。

portmaster(1)を使ってqmake4およびqt4-corelibを更新する方法

# portmaster devel/qmake4 devel/qt4-corelib

portupgrade(1)を使ってqmake4およびqt4-corelibを更新する方法

# portupgrade -f devel/qmake4 devel/qt4-corelib
deskutils/strigi

ハードディスクのデータをクローリングしてインデックス化するためのデーモンStrigiのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。Strigiは複数のコンテンツフォーマットに対応しているほかアーカイブされたデータについてもインデックス化に対応しています。ホットスポットのような機能が欲しい場合には便利に使えるツールアプリケーションです。

lang/ypsilon

リアルタイムアプリケーション開発向けのSchemeプログラミング言語Ypsilonのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。YpsilonはR^6RSに準拠したScheme実装で,マルチコア/プロセッサシステムに最適化されたコンカレントガベージコレクタを使うほかFFIが簡単に扱えるという特徴があります。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入