FreeBSD Daily Topics

2008年9月11日 FreeBSD 7.1/6.4に向けPorts Collectionフリーズ開始,システムクリップボートをコマンドラインから操作する方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

Ports Collection Froze

ports - FreeBSD 7.1およびFreeBSD 6.4のリリースへ向けてPorts Collectionの凍結作業がはじまりました。凍結期間中はPorts Managementチームの許可がなければコミットできなくなります。基本的にセキュリティ脆弱性の対応や重要なアップデートがある場合などにコミットが実施されます。

Ports Collectionの凍結がはじまったことで,FreeBSD 7.1やFreeBSD 6.4に含められてるパッケージの大枠が見えたことになります。X.Org 7.3,Gnome 2.22.3,KDE 4.1.1,KDE 3.5.10,Wine 1.1.4,Firefox 3.0.1,Thunderbird 2.0.0.16,Opera 9.52,OpenOffice.org 3.0.0.b2,OpenOffice.org 2.4.1,Google gadgets 0.10.0などが収録されることになりそうです。

tips

Copy to X Selection

Webサーフィンやメッセンジャー,プログラミングなどをおこなう場合,特定のテキストを貼り付けられると便利なことがあります。Xセレクション(システムクリップボード)を使ったコピー&ペーストの応用範囲は広く,たとえばプログラミングのテンプレートであったりテキストの定型文であったり,複数行のAAであったり,さっと貼り付けられると作業効率があがります。

X.Orgで提供されているXセレクション(システムクリップボード)にはプライマリ,セカンダリ,クリップボードの3種類があります。マウスの真ん中ボタンをクリックして貼り付けた場合と,[Ctrl]-[v]で貼り付けた場合で違うテキストが貼り付けられるケースがあるのは,プライマリやクリップボードに別々のテキストがコピーされているためです。

Ports CollectionにはXセレクションへのコピー,Xセレクションから出力するためのコマンドラインツールが用意されています。日本語テキストも扱えて便利なコマンドにxsel(x11/xsel-conrad)があります。xselを使うとXセレクション(プライマリ,セカンダリ,クリップボード)へのコピーやそこからの出力がコマンドラインから簡単に実施できます。xsel(1)を使う例は次のとおりです。--primary,--secondary,--clipboardがそれぞれプライマリ,セカンダリ,クリップボードを対象として操作することを意味します。

Xセレクションへファイルの内容をコピー

% xsel --input --primary < ファイルへのパス
% xsel --input --secondary < ファイルへのパス
% xsel --input --clipboard < ファイルへのパス

Xセレクションから内容を出力

% xsel --output --primary
% xsel --output --secondary
% xsel --output --clipboard

Xセレクションへファイルの内容を追加

% xsel --append --primary < ファイルへのパス
% xsel --append --secondary < ファイルへのパス
% xsel --append --clipboard < ファイルへのパス

Xセレクションの内容をクリア

% xsel --clear --primary
% xsel --clear --secondary
% xsel --clear --clipboard

xsel(1)を使って特定のファイルの内容をXセレクションにコピーするスクリプトを作成しておくと広く応用できて便利です。特定のテキストをコピー&ペーストで貼り付けて使っている場合,xsel(1)を使った操作を検討してみるのもよさそうです。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入