FreeBSD Daily Topics

2008年9月17日 snd_hda(4)サウンドドライバ更新,Amarokセキュリティアップデート,ubsa(4)ドライバエントリ追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

Massive snd_hda(4) updates

current - Alexander Motin氏がcurrent mlにおいてIntel High Definitionオーディオブリッジデバイスドライバsnd_hda(4)に対してアップデートを実施したことを伝えています。同変更によって新しいドライバはより多くのコーデックを扱えるようになっています。HDAバスごとに複数のコーデックが利用できるようになったほか,コーデックごとの複数オーディオファンクショングループのサポート,オーディオファンクショングループごとの複数ロジカルサウンドデバイスのサポートが実現されています。

この新しいドライバ実装では以前よりもUAA(Universal Audio Architecture)のサポートが改善されています。完全に動作するかまだわからないものの,デジタルPCMプレイバックやAC3パススルーもサポートされました。また,こちらも完全に動作するか定かではありませんがサスペンド/レジュームもサポートされており,どちらもすでにいくつかの動作報告があげられています。

snd_hda(4)が更新されたため,アップデート後は音量が変更される可能性があるほか,今後の調整で音量などが変更になる可能性があります。アップデート後にsnd_hda(4)を使って音を鳴らす場合には注意してください。

ubsa(4)
current - BelkinシリアルアダプタUSBサポート ubsa(4)に対してNovatel and Sierra 3GワイヤレスプロダクトのIDがまとめて追加されました。

ports

audio/amarok

Amarokのportが1.4.10へアップグレードされました。同アップグレードによって特定のファイルを使うことで発生するセキュリティ脆弱性が修正されています。Amarokを使っている場合にはアップグレードを実施してください。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入