FreeBSD Daily Topics

2008年10月3日 ≪注目≫Flash9を動作させるパッチ登場 - 7.1までにマージの可能性も,≪注目≫非商用利用に限りWin4BSD無償化へ,VImageマージ実施,複数memchachedでより多くのメモリを活用する方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

Firefox & Flash9 patches

emulation- freebsd-emulationメーリングリストにおいてfirefox & flash9 patchesのタイトルで興味深いパッチが提案されました。これは基本的にはlinprocfsに手を加えるもので,同パッチを適用するとLinux Flash9が動作するようになります。パッチはkern/101453: [linux] [patch] linprocfs disallows non-zero file offsets for maps filesにも投稿され,検討結果がよければ近いうちにCURRENTにコミットされると見られます。

同パッチはFlash9やFlash10のFreeBSD版リリースを待ち望んでいるFreeBSDユーザにとってきわめて重要な意味を持っています。現在ではFlash9は動作が安定しませんのでFlash7を使うか,Firefox2+Flash9/Wineを使う必要があります。Linuxバイナリ互換機能での対応が可能になれば,FreeBSD Firefox3+Linux Flash9/nspluginwrapperで使えるようになります。

emulation mlではすでに同パッチでFlash9が動作したという報告や発生した問題の報告がおこなわれています。パッチの開発者であるFreeBSD開発者のChagin Dmitry氏はkern/101453: [linux] [patch] linprocfs disallowsにおいて次のように述べ,迅速にコミットを実施しFreeBSD 7.1-RELEASEまでにマージを実施したい旨を伝えています。

「Linux applications which uses NPTL cannot work without this patch. I have a little corrected a patch and have tested it with linux-flashplugin9. It works fine. It would be excellent to commit it and make MFC to RELENG_7 before 7.1R! Many our users waits it.」

―NPTLを使うLinuxアプリケーションはこのパッチなしでは動作しません。パッチを若干修正してlinux-flashplugin9で試験をおこないました。正常に動作しています。コミットしてFreeBSD 7.1-RELEASEがでる前にRELENG_7にマージできれば素晴らしいことです。多くの我らユーザはこれを待っています―

Win4BSD for Desktop as free

Virtual BridgesはWin4BSD for Desktopを非商用利用に限り無償で提供すると発表しました。Win4BSD for DesktopはFreeBSDやPC-BSDでWindowsを動作させるためのエミュレータです。QEMUをベースに開発されており,ネイティブで動作しているのに近い速度での動作が可能になるという特徴があります。近いうちにPorts Collectionにも反映されるのではないかとみられます。

src

VImage merging step 1.5

current - 2008年8月8日に立案された計画に従い,ネットワークスタック仮想化インフラストラクチャを実現するためのコードがVImageプロジェクトの成果物からマージする作業が実施されました。マージステップは1.5とされています。ネットワークスタックの仮想化はルータとしてのFreeBSDに大きなアドバンテージをもたらすことになります。今後も随時マージが実施されます。

links

Multiple memchached

Use multiple memcached daemons on FreeBSDにおいてmemcached(databases/memcached)を複数同時に実行するためのrc.dスクリプトと設定例が紹介されています。32ビットアーキテクチャを使っている場合,仮想メモリは4GB空間となり実際にアプリケーションが操作できるメモリは2Gバイトまたは3Gバイトほどになります。さらに多くのメモリを使うにはmemchachedを複数同時に実行すればいい,というわけです。memcachedを活用している場合,同スクリプトは検討の価値があるといえます。

PF ALTQ Firewall

FreeBSD Enable PF ALTQ Firewall SupportにおいてALTQ機能を有効化する方法が紹介されています。興味がある場合にはチェックしてみてください。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入