FreeBSD Daily Topics

2008年11月28日 FreeBSD 6.4登場は週末,7.1 RC1は週明け,iSCSI Initiator大幅改善,Unionfsソケット問題解決,FreeBSDベースのLiveDVD,Nathive登場他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 6.4-RELEASE

release - FreeBSD 6.4-RELEASEの公開が近づいています。順当にいけば週末中にFreeBSD 6.4-RELEASEが公開されることになると見られます。6.4は7系や8系への移行を促すためのリリースになる見通しです。6系を採用している場合,6.4が最後のリリースになりますのでセキュリティサポートが切れるよりも前に7系かまたは8系へのアップグレードを実施してください。

FreeBSD 7.1-RC1

release - FreeBSD 7.1-RC1の公開へ向けた作業が進められています。順当にいけば週明けにFreeBSD 7.1 RC1が登場することになると見られます。2週間ほど経過したのちFreeBSD 7.1-RC2を公開し,そのあとでFreeBSD 7.1-RELEASEの公開となります。

src

iSCSI Initiator

iSCSI Initiator関連コードの大幅なアップデートが実施されました。IPv6サポートが追加された他,多くのバグが修正されさらにパフォーマンスの改善が実施されています。FreeBSDをiSCSI Initiatorをして活用するケースを想定している場合,この最新のアップデートが実施されたバージョンを試してみてください。

PMC

current - Core Solo,Core Duo,Core2,Core2Extreme,Atomといったntel CPUs of Familyに対するPMCサポートが追加されました。

Unionfs

current - 長らく問題とされてきたUnionfsソケット問題(kern/118346)が修正されました。UnionfsはJailとともに活用されるケースが増えており,そういった場合にの適用の幅が広がることになります。

ports

graphics/nathive

イメージ操作アプリケーションNathiveのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。Adobe PhotoshopやCorel Photo-Paint,The GIMPなどのグラフィックマニピュレータアプリケーションを目指しており,とくにユーザビリティに注目して学習曲線を削減することに注目したプロダクトです。現在提供されているバージョンは依然としてアルファ段階とされています。興味がある場合にはチェックしてみてください。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入