FreeBSD Daily Topics

2008年12月29日 FreeBSD 7.1-RC2登場 - 年末年始に正式版のリリース,WadcomBlog登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 7.1-RC2

current - 2008年12月25日(太平洋標準時),FreeBSD 7.1へ向けた最後の準備リリースになるとみられるFreeBSD 7.1-RC2が公開されました。RC1がリリースされた段階で機能はほとんどフィックスされており,おもにセキュリティ問題の修正とバグの修正が実施されています。RC2がほとんどそのままFreeBSD 7.1-RELEASEになると見ていいでしょう。

FreeBSD 7.1-RC2は次から取得できます。執筆現在で公開されているアーキテクチャ版はAMD64,i386,ia64,pc98,sparc64の5つです。powerpc版はまだビルド作業がおこなわれておりアップはされていません。

FreeBSD 7.1ではベンダサポートの関係で,これまでem(4)で認識されていたNICのいくつかがigb(4)として認識されるようになります。0x10A7, 0x10A9, 0x10D6がそれに該当します。em(4)を使っている場合ひはFreeBSD 7.1にアップグレードした段階で確認をおこなってください。

FreeBSD 7.1は安定版でありながら,8-currentで実施されている最新の開発成果を取り込んでおり性能の向上も注目されます。サーバ用途に採用している場合,RC2をベースに性能評価を実施しておいていいでしょう。デスクトップ用途での採用を期待している場合,リリース後に登場することになると見られるPC-BSDの最新版を検討してみてください。

ports

www/wadcomblog

Pythonで開発されたブログエンジンWadcomBlogのportが新しくPorts Collectionに追加されました。プレーンiテキストファイル(RFC2822フォーマット)を読み込んでHTMLファイルを生成するといった動作を行います。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入