FreeBSD Daily Topics

2009年4月13日 Gnome 2.26へアップグレードする方法,FreeBSD勉強会第0回参加締切り本日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

heads-up

Gnome 2.26

ports - Gnomeのportsが2.24系から2.2.6系へアップグレードされました。2.24と2.26の間では特にドラスティックな変更はありません。アップグレードもこれまでのアップグレードと比較すると簡単に実施できます。次に,2.24から2.2.6へのアップグレード方法をまとめます。

まずアップグレードを実施する前に,2.26では不要になったgnome-volume-managerを強制削除し,依存関係を修正しておきます。次のようにpkg_delete(1)に-fを指定して強制削除してから,pkgdb(1)で依存関係を更新します。

図1 2.26では不要になったgnome-volume-managerを強制削除

# pkg_delete -f gnome-volume-manager-2.24.1
# pkgdb -F

次にGnome 2.24から2.2.6へportupgrade(1)を使ってアップグレードします。途中,databases/evolution-data-serverのコンフィグに失敗して依存している一連のアプリケーションがアップグレードできない場合がありますが,再度portupgrade(1)を使ってアップグレードを実施してください。2度目はコンフィグに成功してアップグレードできるとおもいます。

図2 Gnome 2.24から2.2.6へアップグレード

# env LANG=C BATCH=YES portupgrade -a
...
        ! databases/evolution-data-server (evolution-data-server-2.24.5)       (
configure error)

...
# env LANG=C BATCH=YES portupgrade -a
...
#

Gnome 2.24はGeckoコンポーネントを活用するためにFirefox2(www/firefox)に依存していました。今回,Gnome 2.26にあがると当時にFirefox2への依存を切り,代わりに新しく追加されたlibxul(www/libxul)を使うように変更されています。アップグレードしただけでは,この移行は実施されないため,次のように作業してFirefox2からlibxulへ移行されます。

まず,pkg_delete(1)に-fを指定してFirefox2を強制削除します。

図3 Firefox2の強制削除

# pkg_delete -f firefox-2.0.0.20_6,1

次に新しく追加されたlibxul(www/libxul)をインストールします(Firefox2と同じくらいビルドに時間がかかります)。

図4 libxul(www/libxul)のインストール

# cd /usr/ports/www/libxul/
# make install clean

Firefox2を削除し,libxulをインストールしたら,次のようにpkgdb(1)コマンドを実行してFirefox2に依存していたアプリケーションの依存先をlibxulへ変更します。

図5 Firefox2への依存をlibxulへの依存へ変更

# pkgdb -F
--->  Checking the package registry database
[Updating the pkgdb <format:bdb_btree> in /var/db/pkg ... - 854 packages found (-0 +1) . done]
Stale dependency: epiphany-2.26.0 -> firefox-2.0.0.20_6,1 (www/firefox):
firefox-3.0.8,1 (score:47%) ? ([y]es/[n]o/[a]ll) [no] リターン
Install stale dependency? ([y]es/[n]o/[a]ll) [yes] no noと入力してリターン
New dependency? (? to help): libxul-1.9.0.7_2   libxul-1.9.0.7_2と入力してリターン(タブ補完が効きます)
Fixed. (-> libxul-1.9.0.7_2)
Stale dependency: gnome2-2.26.0 -> firefox-2.0.0.20_6,1 (www/firefox):
libxul-1.9.0.7_2 ? ([y]es/[n]o/[a]ll) [yes]  リターン
Fixed. (-> libxul-1.9.0.7_2)
Stale dependency: google-gadgets-0.10.5 -> firefox-2.0.0.20_6,1 (www/firefox):
libxul-1.9.0.7_2 ? ([y]es/[n]o/[a]ll) [yes]  リターン
Fixed. (-> libxul-1.9.0.7_2)
Stale dependency: seahorse-plugins-2.26.0 -> firefox-2.0.0.20_6,1 (www/firefox):
libxul-1.9.0.7_2 ? ([y]es/[n]o/[a]ll) [yes]  リターン
Fixed. (-> libxul-1.9.0.7_2)
Stale dependency: yelp-2.26.0 -> firefox-2.0.0.20_6,1 (www/firefox):
libxul-1.9.0.7_2 ? ([y]es/[n]o/[a]ll) [yes]  リターン
Fixed. (-> libxul-1.9.0.7_2)
# 

図6 Gnome 2.26 on FreeBSD 8-current/amd64

図1 Gnome 2.26 on FreeBSD 8-current/amd64

event

gihyo.jp FreeBSD勉強会 第0回

event - gihyo.jp FreeBSD勉強会 第0回目の参加申し込み期限は本日,4月13日(月)までです。興味がある場合の申し込みは本日中に実施してください。人数が多い場合は抽選になりますので,申し込んだ方すべてが参加できるとは限りません。大幅な人数超えが継続して起こる場合には,別会場を借りるなど対処を考えていきたいと思います。

第0回gihyo.jp FreeBSD勉強会設立のご案内
日程4月15日(水)
時間19:00~20:00
申込期限4月13日(月)
開催場所技術評論社本社ビル 3F
東京都新宿区東京都新宿区市谷左内町21-13
定員20人程度
参加費無料
主催株式会社技術評論社

第0回では,FreeBSD勉強会を開催するに至った経緯や,FreeBSD勉強会の方向性の説明,今後の取り組みなどについて説明を行います。講義形式の勉強会は5月に実施を予定している第1回目から実施していく予定です。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入