FreeBSD Daily Topics

2009年4月21日 FreeBSD Summer of Code発表: GEOMベースディスクスケジューラ,PUFFS移植,IPFW/Dummynet改善,BSDライセンスlibiconvなど20プロジェクト

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

heads-up

FreeBSD Summer of Code 2009

Murray Stokely氏よりGoogle Summer of Code 2009の応募を通ったプロジェクトと学生,メンターの一覧が公開されました。今回のプロジェクトではFreeBSDから20名,NetBSDから11名,DragonFlyから5名がエントリしています。

FreeBSD Summer of Code 2009

プロジェクト学生メンター
Ports license infrastructure (part 2: integration)alejandro pulverErwin Lansing
IPv6 Secure Neighbor Discovery - native kernel APIs for FreeBSDAna KukecBjoern A. Zeeb
USB improvements under FreeBSDsylvestre gallonPhilip Paeps
Package tools rewrite via a new package library, with new featuresDavid ForsytheTim Kientzle
Geom-based Disk SchedulersFabio ChecconiLuigi Rizzo
Implement TCP UTOFang WangRui Paulo
BSD-licensed libiconv in base systemGabor KovesdanXin LI
Application-Specific Audit TrailsIlias MarinosRobert Watson
Ipfw and dummynet improvementsmarta carboneLuigi Rizzo
Reworking the callout scheme: towards a tickless kernelPrashant VaibhavEd Maste
Porting NetworkManager to FreeBSDnikhil bysaniEd Schouten
Design and Implementation of Subsystem Support Libraries for Monitoring and Managementgabor janos paliOleksandr Tymoshenko
TrustedBSD Audit: Developing BSD licensed tools for importing, exporting from/to Linux audit log format and BSM.Satish SrinivasanStacey Son
puffs (pass-to-userspace framework file system) port for FreeBSDtatsiana severynaKonstantin Belousov
Hierarchical Resource Limitsedward napieralaBrooks Davis
Improving Second Extended File system (ext2fs) and making it GPL free.aditya sarawgiUlf Lilleengen
FIFO OptimizationsZhao ShuaiJohn Baldwin
TCP\IP Regression Testing SuiteZachariah RiggleGeorge Neville-Neil
In kernel stackable cryptographic filesystem (ownfs)gleb kurtsovStanislav Sedov
ipfw ruleset optimization and highlevel rule definition languagetatsiana elavayaDiomidis Spinellis

どのプロジェクトもかなり魅力的なものですが,中でも次のプロジェクトは注目に値します。

  • Geom-based Disk Schedulers
  • BSD-licensed libiconv in base system
  • Ipfw and dummynet improvements
  • puffs (pass-to-userspace framework file system) port for FreeBSD

GEOMベースのディスクスケジューラは今度のディスク活用において重要になるとみられます。用途に応じて読み書きの戦略をGEOMモジュールで制御できるようになると,より用途に適した性能が発揮できるようになります。性能という面ではIPFWとdummynetの改善も注目されます。

NetBSDで開発されたユーザランドファイルシステムのフレームワークPuffsの移植がプロジェクトとして取り上げられた点も注目に値します。ユーザランドレベルでファイルシステムの開発に着手できると,いろいろと利便性が期待できます。またFUSEのベース環境としても活用できるようになるため,FUSEのカーネルモジュールを現在のようにPorts Collectionからインストールするのではなく,ベースシステムにマージできるようになります。

多言語対応の面からいくとBSDライセンス実装でのlibiconv開発に取り組むのは注目されるポイントです。FreeBSDのコンソールや種々のツールは多言語表示に対応していないものも多いわけですが,ベースシステムに統合可能なlibiconvが登場すると,そうした点で今後の改善を期待しやすくなります。

これまでの実績からいうと,提案を通過したプロジェクトの多くは成功裏に終了するとともに,数名がFreeBSDコミッタとして活動するようになります。HEADブランチや8系,9系で登場する新機能として注目です。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入