FreeBSD Daily Topics

2009年5月4日 FreeBSD 7.2-RELEASE登場,安定ブランチの最新版 - Jail仮想化機能IPアドレス強化とスーパーページ改善

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 7.2-RELEASE

The FreeBSD Release Engineering Teamは2009年5月4日,最新のリリース版となるFreeBSD 7.2-RELEASEを発表しました。7系の3つめのメジャーリリースであり,機能の改善や新機能の追加が実施されたアップデート版となります。安定ブランチの最新版と位置付けられます。注目の機能は次のとおりです。

  • アプリケーションメモリにおけるスーパーページの透過的な扱いサポートの実現。デフォルトでは無効にされているものの,vm.pmap.pg_ps_enabledを1に設定することで有効化が可能
  • amd64版におけるカーネル仮想アドレス空間を6GBへ増加
  • Jail仮想環境における複数IPv4 / IPv6 / IPなしのアドレス割り当ての実現
  • csup(1)におけるCVSリポジトリ取得時の機能にCVSModeを追加
  • sparc64版におけるUltraSparc-IIIプロセッササポートの追加
  • Gnome 2.26対応
  • KDE 4.2.2対応

FreeBSD 7.2-RELEASEはamd64版,i386版,ia64版,pc98版,powerpc版,sparc64版が用意されています。ISOイメージファイルの種類は次のとおりです。

  • dvd1:OS,パッケージ,ドキュメント,レスキューライブCD機能などすべて含む
  • disc1,disc2,disc3,livefs,docs:OS(disc1),パッケージ(disc2,disc3),レスキューライブCD機能(livefs),ドキュメント(docs)
  • bootonly:ネットワークインストール用

なお,一部のPCはi386版のdisc1を起動可能なディスクとして認識しないケースがあることが確認されているため,そういう場合はbootonlyやlivefsから起動し,そのあと,disc1に入れ替えてsysinstallを実行してインストールを実施するようにという注意書きが掲載されています。ダウンロードはGetting FreeBSDから可能です。

FreeBSD 7.0-RELEASE,7.1-RELEASE,7.2-BETA,7.2-RC1,7.2-RC2を再構築することなく使っている場合,「freebsd-update upgrade -r 7.2-RELEASE; freebsd-update install; shutdown -r now; freebsd-update install; shutdown -r now」のようにfreebsd-update(8)コマンドを実施することでアップデートできるという旨も発表されています。

The FreeBSD Security TeamはFreeBSD 7.2-RELEASEのセキュリティサポートを1年間としています。2010年5月31日までのサポートとなります。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入