FreeBSD Daily Topics

2009年5月19日 VirtualBox for FreeBSD動作紹介,Python2.6へ移行,YouTube BSDチャンネルにTheo de Raadt氏特別講演登場,Dr.Web on FreeBSD/amd64

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ports

CFT: VirtualBox for FreeBSD! #take2

Martin Wilke氏が[CFT] VirtualBox for FreeBSD! #take2においてVirtualBox portの試験を呼びかけています。VirtualBox port試験第二段となる今回は,Juergen Lock氏から寄せられたパッチを取り込んでamd64においても動作するように改善されたと説明されています。

図1 VirtualBox/FreeBSD amd64実行例

図1 VirtualBox/FreeBSD amd64実行例

図2 VirtualBox/FreeBSD amd64実行例2

図2 VirtualBox/FreeBSD amd64実行例2

図3 VirtualBox/FreeBSD amd64実行例3

図3 VirtualBox/FreeBSD amd64実行例3

VirtualBoxを動作させるには,プロセスファイルシステムを/procにマウントしておく必要がある他,カーネルモジュールの読み込みとユーザの追加が必要です。詳しくはvirtualbox/pkg-messageファイルを読んでください。

FreeBSD/amd64で使ってみた感じではかなりサクサク動作するという印象です。なお,VirtualBoxのゲストOSから抜け出すには右Ctrlキーを押す必要がありますが,HHKなど右Ctrlキーがないデバイスでは抜け出せなくなりますので,ゲストOSを動かす前にショートカットキーの設定を変更してください。

CFT: FreeBSD python25 move to python26 as default version

Martin Wilke氏が[CFT] FreeBSD python25 move to python26 as default versionにおいて,Ports CollectionのデフォルトのPythonを2.5系から2.6系へ移行させる旨を説明するとともに,パッチを適用して2.6への移行試験を実施してほしいと報告しています。

2.5系を使い続けたい場合には/etc/make.confに「PYTHON_DEFAULT_VERSION=python2.5」を設定しておきます。2.6系へアップグレードしたあとには「cd /usr/ports/lang/python; make upgrade-site-packages」のようにupgrade-site-packagesを実行するようにとされています。

links

YouTube BSD channel

YouTube BSDConferencesに新しく次の2本のビデオが追加されました。2009年3月に東京で開催されたAsiaBSDCon2009の特別講演とセッションです。

Dr.Web on FreeBSD/amd64

[FreeBSD][Dr.Web] Dr.Web を FreeBSD/amd64 で動かすにおいて,FreeBSD/amd64環境(FreeBSD 7.2-RELEASE/amd64)でDr.Webを動作させるための方法が紹介されています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入