FreeBSD Daily Topics

2009年7月14日 FreeBSD 8.0-BETA1向けFreeBSD Update登場,ATA to CAMインテグレーション説明

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

ATA to CAM integration

current - FreeBSD開発者である重村氏が2009.07.11 ATA to CAM integration に挑戦において,現在開発が進められているATA実装をCAMに統合する取り組みを,実際に試してみる方法が紹介されています。これはScott Long氏およびAlexander Motin氏が進めている取り組みにつながるもので,FreeBSD Daily TipicsでもFDT ATAをCAMの元へ統合するプロジェクトで概要を紹介しました。

この取り組みはFreeBSD 8系および9系での注目の機能の1つになると見られます。従来よりも総合されたサブシステムと,近代的なデバイス機能への対応が注目されます。

FreeBSD Update for FreeBSD 8.0-BETA1

release - FreeBSD Updateの開発者であるColin Percival氏がcurrent-mlにおいて,FreeBSD 8.0-BETA1向けのFreeBSD Updateの準備が整った報告しています。アップデート手順はFreeBSD Update to 8.0-BETA1において詳しく解説されています。

まず,インストールされているアプリケーションを完全にシステムに合わせてアップグレードしてから,FreeBSD Upadate経由でシステムとカーネルと更新。アプリケーションの依存情報に関する若干の対応処理を実施してからアプリケーションを一斉に再構築し,最後に不要になったコンポーネントを削除するという流れです。

Colin Percival氏は作業の途中で遭遇した問題などをコメントとして書き込んでほしいと要望をあげています。なお,リリースエンジニアリングチームのKen Smith氏は順当にいけばこの月曜(13日)にはFreeBSD BETA-2の公開へ向けた作業にとりかかりたいとMLに報告しています。

コメント

コメントの記入