FreeBSD Daily Topics

2009年8月17日 ≪Tips≫Linuxバイナリ互換環境linux_base-f10をインストールして使う方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

tips

Fedora Core 10相当の互換プラットフォームlinux_base-f10をインストールして使う方法を説明します。FreeBSD 8.0-BETA2以降のOSを使います。linux_base-f9,linux_base-f8,linux_base-f7,linux_base-fc6,linux_base-fc4など,他のバージョンのLinux互換プラットフォームがインストールされている場合,すべてアンインストールしてください。Linuxアプリケーションも一旦すべてアンインストールします。

〔OVERRIDE_LINUX_BASE_PORT / OVERRIDE_LINUX_NONBASE_PORTS〕

Ports Collectionでlinux_base-f10を使うことを示すためにOVERRIDE_LINUX_BASE_PORT=f10およびOVERRIDE_LINUX_NONBASE_PORTS=f10を指定する必要があります。/etc/make.confに次のような設定を追加します。

/etc/make.confに追加する設定

VERRIDE_LINUX_BASE_PORT=f10
OVERRIDE_LINUX_NONBASE_PORTS=f10
〔linux_base-f10 install〕

/usr/ports/emulators/linux_base-f10/からlinux_base-f10をインストールします。

linux_base-f10をインストール

# cd /usr/ports/emulators/linux_base-f10/
# make install clean

/etc/rc.confにLinuxバイナリ互換機能を有効にするための次の設定を追加します。

Linuxバイナリ互換機能を有効にするための設定 /etc/rc.conf

linux_enable="YES"
〔linprocfs〕

次のようにLinuxプロセスファイルシステムをマウントするための設定を/etc/fstabに追加します。

Linuxプロセスファイルシステムをマウントするための設定 /etc/fstab

linprocfs /compat/linux/proc linprocfs rw 0 0

システムを再起動するか「mount linprocfs; /etc/rc.d/abi start」のようにLinuxプロセスファイルシステムをマウントし,さらにLinuxバイナリ互換機能を有効にします。

〔JST timezone〕

日本標準時が使われるようにタイムゾーンデータからTokyoのデータを取り出して/usr/compat/linux/etc/localtimeファイルとしてコピーします。たとえばtzdata-2008i-1.fc8.noarch.rpmをダウンロードしてくるとして,次のように操作してTokyoファイルを/usr/compat/linux/etc/localtimeファイルとしてコピーします。

日本標準時が使われるようにタイムゾーンデータをコピー

# rpm2cpio tzdata-2008i-1.fc8.noarch.rpm | cpio -idv | grep Tokyo
./usr/share/zoneinfo/right/Asia/Tokyo
./usr/share/zoneinfo/posix/Asia/Tokyo
./usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo
4067 blocks
# cp ./usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /usr/compat/linux/etc/localtime

ここまで作業したら,Ports Collectionから利用したいLinuxアプリケーションをインストールします。

次回はFlash10のインストール方法について紹介します。

コメント

  • Fedora coreの名称について

    Fedoraは7以降Core の名称は外していますよ

    Commented : #1  通りすがり (2009/08/17, 19:36)

コメントの記入