FreeBSD Daily Topics

2009年8月25日 FreeBSD 8.0-BETA3登場 - リリースは9月第4週,FreeBSD 9-CURRENT登場,7互換ライブラリ登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

heads-up

FreeBSD 8.0-BETA3

release - Ken Smith氏が2009年8月25日,次期メジャーリリースへ向けた最新ベータ版となるFreeBSD 8.0-BETA3を発表しました。8.0で取り込まれる新機能はBETA3の段階でフィックスとなり,以後はバグ修正のみが実施されます。RC1およびRC2までリリースし,2009年9月第4週ごろの正式リリースへ向けて作業が進められます。

機能がフィックスしたため,BETA3は8.0-RELEASEを検討するためのテストベッドとして利用できます。その場合,2つの点に注意してください。まず2009年7月19日の時点で共有ライブラリバージョンが更新されました。このため,それ以前のブランチからアップグレードした場合には,基本的にインストールされているすべてのアプリケーションを再構築する必要があります。またバイナリのみが提供されているアプリケーションは動作しなくなるものがあります(Diablo JDK16,Operaなど)。その場合は7互換ライブラリ(misc/compat7x)をインストールしてください。

もう1つはパフォーマンスについてです。BETA3ではまだWITNESSなどのデバッグ機能が有効になっています。このため,BETA3でパフォーマンス試験をおこなった場合,8.0-RELEASEよりも遅い結果がでる可能性があります。RC1ではデバッグ機能が無効になりますので,パフォーマンス試験をおこなう場合にはRC1を使うか,WITNESS関連オプションとINVARIANTS関連オプションを無効にしてカーネルを再構築するとともに,「ln -s aj /etc/malloc.conf」のようにファイルを作成してmalloc(9)のデバッグ機能を無効にしてから実施してみてください。なおバグ修正が実施されるため,BETA3で問題があった場合には報告するとともに,RC1やRC2でもチェックしてみてください。

対応するアーキテクチャは次のとおりです。CDROM/DVDイメージが提供されているほか,i386とamd64にはメモリスティックからインストールするためのイメージも提供されています。なおBETA3にはまだパッケージはほとんど含められていません。

amd64およびi386を使っており,7.0-RELEASE, 7.1-RELEASE, 7.2-RELEASE, 8.0-BETA1, 8.0-BETA2のどれかを使っている場合にはFreeBSD Updateを使ってのバイナリアップデートも可能です。まず,次のようにカーネルのアップデート作業をおこないます。途中,設定ファイルをアップグレードするかどうか尋ねられますので,適宜質問に答えていきます。

FreeBSD Update アップデート手順1

# freebsd-update upgrade -r 8.0-BETA3
# freebsd-update install
# shutdown -r now

システムを再起動したら,今後は次のようにしてユーザランドのインストールを実施します。ユーザランドコンポーネントのインストールを実施したら,インストールされているすべてのアプリケーションの再構築を実施します。portupgrade(8)やportmaster(8)でアップグレードしてもいいですし,一旦すべて削除してから再度ビルドしてもいいでしょう。バイナリで提供されているアプリケーションは動作しなくなりますので,misc/compat7xをインストールしてください。

FreeBSD Update アップデート手順2

# freebsd-update install
# portupgrade -af

アプリケーションを全部構築し直したら,次のようにして不要なライブラリを削除してから,システムを再起動します。これでアップグレード完了です。

FreeBSD Update アップデート手順3

# freebsd-update install
# shutdown -r now
FreeBSD 9-CURRENT

FreeBSDの最新開発ブランチが9-CURRENTへと変更されました。8は今後安定版ブランチの扱いになります。

compat7x released

ports - Ports CollectionにFreeBSD 7系との互換環境を実現するためのライブラリ集compat7x(misc/compat7x)が追加されました。FreeBSD 9および8でバイナリアプリケーション(Diablo JDK16,Operaなど)を実行する場合,compat7xやcompat6xなどをインストールしておく必要があります。互換ライブラリは/usr/local/lib/compat/や/usr/local/lib32/compat/にインストールされます。

コメント

コメントの記入