FreeBSD Daily Topics

2009年8月26日 Firefox 3.6とThunderbird 3.0のport開発中,Geckoまわりのクリーンナップと大幅整理を発表,OpenBSDベース非GPL OS ArieBSD登場]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

Firefox 3.1 Alpha1 and Thunderbird 3.0 beta3

Martin Wilke氏がFreeBSD Geckos TODO and plan for futureにおいて,現在Firefox 3.6 Alpha1およびThunderbird 3.0 Beta3に対応したportを開発中である旨が発表されています。動作画像はそれぞれhttp://tmp.chruetertee.ch/tb3.0b3.pngおよびhttp://tmp.chruetertee.ch/ff36.pngから確認できます。双方ともに新しいlibxul 1.9.1.2で動作しているという説明があります。

FreeBSD Gecko’s TODO and plan for future

ports- Martin Wilke氏がFreeBSD Geckos TODO and plan for futureにおいて,Ports CollectionにおけるGeckoまわりの今後の計画について発表しています。最終的な目標は次のとおりです。

  • Mozilla,Nvu,Xulrunner,Firefox2の削除
  • Firefox3.5のportをwww/firefox35からwww/firefoxへ移行
  • USE_GECKOオプションの廃止

Ports Collectionに残っている古いものをクリーンナップする時期だという説明があり,次の背景が説明されています。

  • Mozilla(www/mozilla)はもう5年も前に作れたもので,メインストリームではすでにサポートされていない。多くの脆弱性を持っているし,代わりにSeamonkey(www/seamonkey)を使うべき
  • Nvu(www/nvu)が公式にリリースされたのは2005年で,もはやサポートされておらず多くの脆弱性を抱えている。また同様に修正して更新すべきportにKompozer(www/kompozer)がある。
  • Xulrunner(www/xulrunner)はすでに古く,libxul(www/libxul)に置き換わっている。メインストリームでもすでにサポートされていないし,古いGecko関連は保持すべきではない

Martin Wilke氏はこれを実現する方法として,次の2つの方法が考えられると説明しています。

  1. FreeBSD Gnomeチームではなく,Gnomeチームの本家の方がすべての成果物をlibxulを使うように更新する
  2. FreeBSD Gnomeチームの方ですべてのそうしたportsを削除してしまう。この方法は実施するには難しい方法ではあるものの,脆弱性のあるものをPorts Collectionに保持しておくべきではない

影響を受けるportやその対応状況などはTODO - freebsd-geckoにまとまっています。

ArieBSD unvielded

project- OpenBSDから派生した新しいOSのプロジェクト,ArieBSDプロジェクトが登場しました。英語表記はAerieBSDとされています。GPLのソースコードを排除したUNIX互換のOSを構築しよう,という試みのようです。FreeBSD,NetBSD,OpenBSDのようなOSとして確立していこうという類のものではなく,プログラミングはもっとおもしろくあるべきで,その試みのひとつとしてこうしたものを作ってみよう,というもっとライトウェイトな取り組みのようです。

 The ArieBSD project strives to produce a free, multi-platform UNIX-like operating system including the best possible free development environment.

図 The ArieBSD project strives to produce a free, multi-platform UNIX-like operating system including the best possible free development environment.

コメント

コメントの記入