FreeBSD Daily Topics

2009年8月27日 VirtualBoxブリッジネットワーキング機能開発中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

VirtualBox bridge networking

ports- Fredrik Lindberg氏がemulators mlにおいてFreeBSD VirtulBoxにおいて現在欠けているネットワーク機能の実装に取りかかっていることを伝えています。同氏はVirtulBoxにおいて自動的にネットワーキングブリッジを許可するためのカーネルドライバvboxnetflt.koの開発を行っていると説明しています。ビルドするためのパッチと,portに対するためのパッチも公開されています。ビルド手順は次のようになると説明されています。

自動ブリッジ機能を持ったVirtualBox 3をビルドする方法

# cd /usr/ports/emulators/virtualbox
# make clean patch
# mkdir work/virtualbox-3.0.51r22226/src/VBox/HostDrivers/VBoxNetFlt/freebsd
# 
# patch -d work/virtualbox-3.0.51r22226 < vbox-freebsd-network.patch
# patch < virtualbox-Makefile.patch
# make install
# 
# kldload /boot/modules/vboxnetflt.ko

このパッチが適用されたVirtualBoxを実行すると,Bridged Adapterの項目にホストに接続されているNICが表示され洗濯できるようになります。このブリッジモードで起動すると,仮想PCで動作しているゲストOSが,ホストOSの所属しているLANに直接接続して動作するようになります。今のところFreeBSD 8/i386だけで動作確認が実施されており,テスト版と位置づけられています。

コメント

コメントの記入