FreeBSD Daily Topics

2009年11月14日 FreeNAS 0.7リリース - ZFS機能に対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeNAS 0.7 released

release - FreeBSDベースで開発されたNASソリューションの最新版となるFreeNAS 0.7が公開されました。Webインターフェースから簡単に管理できるという特徴があります。0.7はFreeBSD 7.2-RELEASEをベースに従来のバージョンに改善や新機能の追加を行ったバージョンです。とくにZFSの機能がマージされている点が注目されます。

FreeNASのインストールはすぐに終わります。最小構成ならシステム向けに32MBも領域があれば十分です。システム領域は別パーティションとして作成されますので,システムをインストールしたディスクの残りの領域をデータパーティションやスワップパーティションとして使いたい場合は,Webインターフェースから操作を行って追加します。作業方法はインストール時に表示されますので,そのとおりに作業します。

図1 FreeNAS 0.7起動後画面 - 2)で設定すればすぐに使い始めることが可能

図1 FreeNAS 0.7起動後画面 - 2)で設定すればすぐに使い始めることが可能

図2 Alt-F2でFreeBSDコンソールからログインも可能。rootアカウントで,パスワードはfreenas

図2 Alt-F2でFreeBSDコンソールからログインも可能。rootアカウントで,パスワードはfreenas

図3 NATで動く仮想環境内で試すなら,sshでフォワーディングすればホストOSからもアクセスできる

図3 NATで動く仮想環境内で試すなら,sshでフォワーディングすればホストOSからもアクセスできる

FreeNASはWebインターフェースから操作できますが,コンソールからログインして使うこともできます。Alt-F2でコンソールを表示させてroot:freenasでログインできます。sshが利用できるので,VirtualBoxやQEMUなどの仮想環境で試している場合には,sshで「ssh -R 1080:localhost:80 username@10.0.2.3」のように,ホストの1080番ポートへのアクセスをFreeNASの80番ポートにフォワーディングさせればホストOSから設定画面を使ってみることもできます。

図4 FreeNAS Webインターフェース

図4 FreeNAS Webインターフェース

図5 ZFSのさまざまな操作がブラウザから可能

図5 ZFSのさまざまな操作がブラウザから可能

図6 Sambaの設定画面

図6 Sambaの設定画面

コメント

コメントの記入