FreeBSD Daily Topics

2009年11月27日 Google Chromeのオープンソース版Chromium,FreeBSDで動作

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

Chromium for FreeBSD

current - Chromium for FreeBSDにおいてFreeBSD向けにビルドされたChromiumのバイナリが公開されました。FreeBSD 7.2でビルドされたバイナリで,amd64版およびi386版が提供されています。FreeBSD 8.0での動作も報告されている他,FreeBSD 9-CURRENTでの動作も確認できています。

図1 Chromium 4.0.254.0 (0) on FreeBSD 9-CURRENT 実行例

図1 Chromium 4.0.254.0 (0) on FreeBSD 9-CURRENT 実行例

図2 Chromium 4.0.254.0 (0) on FreeBSD 9-CURRENT 実行例

図2 Chromium 4.0.254.0 (0) on FreeBSD 9-CURRENT 実行例

Chromium for FreeBSDの説明によると,このバイナリパッケージを実行するにはsecurity/nss,x11-toolkits/gtk20,devel/gconf2,devel/libexecinfoをインストールしておく必要があるほか,プロセスファイルシステムを/procにマウントしてある必要があります。 Chromium for FreeBSDには実施にソースコードからビルドする方法も紹介されています。

ChromiumはGoogle Chromeのオープンソースソフトウェア版です。もともとWindows向けに開発されていたため,現在Mac OS XとLinuxへの移植が進められています。この移植段階にあるChromiumをFreeBSD向けに移植したものが同バイナリです。

コメント

コメントの記入