FreeBSD Daily Topics

2010年2月15日 ネットフォレスト「ファイルフィルタ for Samba 5.0」および「ファイルフィルタ for ICAP 5」リリース,Firefox 3.6登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

products

ファイルフィルタ for Samba,for ICAP ver. 5 リリース

products - 株式会社ネットフォレストは2010年2月2日,Doctor Webセキュリティ製品「ファイルフィルタ for Samba」および「ファイルフィルタ for ICAP」の最新版となるバージョン 5.0をリリースしました。FreeBSD 6以降に対応しているほか,2.4以降のカーネルを搭載したLinux ディストリビューションやSolaris 10(x86)にも対応しています。

バージョン5.0における主な変更点は迷惑メール対策・アンチウイルス = Dr.Web for Linux・FreeBSD | サポート - ver. 5.0 の変更点ChangeLogにまとまっています。

ports

Firefox 3.6 for FreeBSD

特定のアドオンが機能しないというバグが発見されたため導入が見送られていたFirefox 3.6ですが,問題が修正されPorts Collectionへ取り込まれました。Firefox 3.6からはwww/firefoxのportがFirefox 3.6となります。これまでwww/firefoxはFirefox 2系に対応していました。また,Firefox 3.6開発版に対応していたwww/firefox3-develはFirefox 3.6導入後には非推奨に変更されています。

 Firefoxリリース

Port導入前導入後
www/firefoxFirefox 2系Firefox 3.6系
www/firefox3-develFirefox 3.6開発版非推奨

Firefox 3.6を利用するには,一旦すべてのFirefoxをアンインストールしてからPorts Collectionを最新版へアップデートし,www/firefoxからインストールを行ってください。なおFlash10(www/linux-f10-flashplugin10)を利用している場合,Firefox 3.6をインストールしたあとに再インストールする必要があります。

これまでFirefox 2のGeckoをレンダリングエンジンとして採用しているportが多かったため,www/firefoxのportはFirefox 2対応のままにし,別途www/firefox3やwww/firefox35といったportが導入されてきました。こうした状況を解消すべくGeckoレンダリングエンジンを分離し,レンダリングエンジンとしてのwww/firefoxへの依存を切る作業が進められていました。今後はwww/firefoxが常に最新のリリース版に対応するようになります。

なお,Firefox 3.6は今のところJavaプラグインが動作しません。Javaプラグインを動作させる必要がある場合は,www/firefox35をインストールして使うように説明されています。

コメント

コメントの記入