FreeBSD Daily Topics

2010年3月10日 高品質日本語フォント『IPAexフォント』Ports Collectionに登場 ,AsiaBSDCon2010 明日から開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ports

IPAex Fonts

Ports Collectionに新しくIPAexフォント(japanese/font-ipaex)のportが追加されました。IPAexフォントはIPAフォントの新シリーズのひとつです。IPA明朝とIPA P明朝およびIPAゴシックとIPA Pゴシックをそれぞれ一つのフォントに統合たもので,それぞれIPAex明朝およびIPAexゴシックと呼ばれています。和文文字(仮名,約物 ,漢字)は固定幅で表示され,欧文文字は可変幅で表示されます。

図1 IPAexGothicフォント

図1 IPAexGothicフォント

図2 IPAexMinchoフォント

図2 IPAexMinchoフォント

従来のIPAフォントに存在していたバグが修正されているほか,デザインの改善,新しい対応文字の追加,和文文字と欧文文字が混在した場合により自然に見えるようにデザインの調整が実施されています。小さい文字サイズの場合により綺麗に表示できるようにヒント情報も追加されています。

IPAフォントと同様にIPAフォントライセンスのもとで配布されています。IPAフォントライセンスはOSDに準拠したオープンソースソフトウェアライセンスだと認定されています。

conference

AsiaBSDCon 2010

13日と14日,東京理科大学森戸記念館においてAsiaBSDCon 2010開催されます。日本のみならず海外から*BSD関係者が集う貴重な機会です。日本からもっとも参加しやすい会議であり,開発者に直接要望を伝えたり意見を聞き出す好機といえます。8日以降は会場で直接参加登録が実施できます。この機会をお見逃しなく!

コメント

コメントの記入