FreeBSD Daily Topics

2010年3月26日 Thunderbird3の特徴とIMAP4トラブルシューティング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ports

Thunderbird3 Tips

全文検索機能があり,かつ,自分が欲しい機能の拡張が容易にできるメーラといえばThunderbird3 (mail/thunderbird3)を候補にあげることができます。ほかのメーラと比べてそれほど革新的というものではありませんが,デフォルトで全文検索機能が実装されていること,アドオン/エクステンションで機能拡張が可能な点は大きなアドバンテージといえます。

図1 Thunderbird 3.0.3 動作例

図1 Thunderbird 3.0.3 動作例

Thunderbird3になってからIMAP4まわりの実装もだいぶ改善されました。しかしながら,Thunderbirdが何らかの動作をしている最中にシステムフリーズやクラッシュ,パニックなど不正な処理が発生した場合,次のような問題が発生することがあります。

  • Thunderbirdの起動に高いCPU負荷と数十分という時間がかかる
  • 新着メールがあるにもかかわらず,新着メールが表示されない

IMAP4を使う場合,IMAP4サーバ側でメールの振り分けをするようにすると便利です。メールの振り分けを実施するソフトはいくつかありますが,maildrop (mail/maildrop)あたりが便利に使えます。IMAP4サーバ側で振り分けを実施するようにすると,メールクライアントに関係なく振り分けが実施されるため設定をコピーしたり同じ設定を繰り返す必要がなくなります。iPhoneのように振り分け設定ができないものもあるため,サーバ側での振り分けはとても便利です。

しかしThunderbird3はなんらかの原因で,この振り分けられた新着メールを判定しなくなることがあります。Thunderbird3+IMAP4+サーバ側での振り分けを実施している状態で,最近メールが少なくなったと感じることがある場合,新着メールが届いているにもかかわらず,認識されていない可能性があります。

そうしたケースでは,一旦~/.thunderbird/を別ディレクトリにリネームして,最初から同期処理をやり直す方法が効果的です。起動に長い時間がかかるようになった場合も,この方法で改善できることがあります。

コメント

コメントの記入