FreeBSD Daily Topics

2010年4月12日 NVIDIA Driver 195.36.15,Ports Collectionに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ports

NVIDIA Driver 195.36.15 (beta) now on ports

NVIDIAドライバの最新版となるFreeBSD NVIDIAドライバ195.36.15ベータがリリースされたわけですが,さっそくPorts Collectionへ取り込まれました。次のportが195.36.15 (beta)対応へアップグレードされています。

  • NVIDIA Driver (x11/nvidia-driver)
  • NVIDIA Driver setting tool (x11/nvidia-settings)
  • NVIDIA Driver X cofig tool (x11/nvidia-xconfig)

図1 NVIDIA X Server Settings 195.36.15動作例

画像

リスト NVIDIA Driver 195.36.15よりも前のドライバの出力 - Giantロックあり

nvidia0:  on vgapci0
vgapci0: child nvidia0 requested pci_enable_busmaster
vgapci0: child nvidia0 requested pci_enable_io
vgapci0: child nvidia0 requested pci_enable_io
nvidia0: [GIANT-LOCKED]
nvidia0: [ITHREAD]

リスト NVIDIA Driver 195.36.15のドライバの出力 - Giantロックなし

nvidia0:  on vgapci0
vgapci0: child nvidia0 requested pci_enable_busmaster
vgapci0: child nvidia0 requested pci_enable_io
vgapci0: child nvidia0 requested pci_enable_io
nvidia0: [ITHREAD]

FreeBSD NVIDIAドライバ195.36.15ベータからはGiantロックが排除されています。従来のバージョンでは起動時の出力に[GIANT-LOCKED]の出力がありましたが,195.36.15ベータからはその出力がなくなっています。ひとつ前のベータバージョンよりも安定している可能性があります。高負荷時に画面とシステムがフリーズする現象に遭遇していた場合,この新しいバージョンを試してみてください。

コメント

コメントの記入