FreeBSD Daily Topics

2010年5月18日 2010Q1報告(ディストリビューション): PC-BSD FreeBSDインストールバックエンドpc-sysinstall,オンメモリFreeBSD mfsBSD

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

2010Q1 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から,とくにディストリビューションに関する話題を簡単に紹介します。

PC-BSD PC-SysInstall Backend

PC-BSDに新しく導入されたシステムインストーラバックエンドpc-sysinstallに関する作業状況が報告されています。pc-sysinstallはPC-BSDのインストーラからFreeBSDを通常インストールするためのバックエンドです。

FreeBSDプロジェクトではLinuxディストリビューションのようなインストーラに関してはPC-BSDの成果物が適切ではないかとみる向きがあります。この場合,カスタムインストールではなく,現在のFreeBSDインストーラと同じインストールを実現する必要があります。pc-sysinstallはPC-BSDのインストーラから従来のsysinstallでインストールしたのと同様のインストールを実現するためのバックエンドで,こうした要望に応えるものです。PC-BSDのインストーラから,これまでどおりPC-BSDのインストールも,従来のsysinstallと同じようにFreeBSDそのもののインストールのみを実施することもできます。

なおpc-sysinstallにはsysintallと比較してZFSサポートの追加とその改善(raidzのサポート,ミラーリングのサポート,複数マウントポイントの実現など)⁠2TB以上のディスクにインストールするためのGTP/EFIのサポート,MBRスライス/パーティションマネージャ,geliパスフレーズサポートの追加などが実施されています。

sysinstallはディスクのパーティショニングにfdiskを使っていますが,pc-sysinstallではfdiskではなくすべてgpartで処理するように移行を進めています。こうすることでGPT/EFIにおける新機能が扱えるようになります。2TBを越えるディスクが珍しくない今これは便利な機能です。

mfsBSD

mfsBSDに関する活動状況が報告されています。mfsBSDはすべてメモリに読み込んで動作するFreeBSDのインストールセットを作製するためのスクリプト集です。たとえばISOイメージファイルの作製などに利用されます。

今のところサポートされているバージョンは8.0-RELEASEおよび7.3-RELEASEです。最近追加された新しい機能として,mfsbsd ISOフィルからZFSのみで動作するFreeBSDインストールを実現するためのzfsinstallと呼ばれるスクリプトが追加されたことが紹介されています。

コメント

コメントの記入