FreeBSD Daily Topics

2010年6月9日 VirtualBox 3.2.2,Ports Collectionに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ports

VirtualBox 3.2.2

Ports CollectionのVirtualBoxのportがVirtualBox 3.2.2対応へアップデートされました。3.1.8や3.2.0に存在した数々のバグが修正されている他,FreeBSDとして次の変更が実施されています。

  • FreeBSDのソースコードが/usr/src/にインストールされていない場合における対処の追加
  • VNCサポートの追加(デフォルトでは無効)
  • VDEサポートの追加(デフォルトでは無効)
  • Webサービスの追加(デフォルトでは無効)
  • QT4無効/X11有効時におけるビルドエラーを修正
  • X11無効時におけるビルドエラー修正
  • ホストのDVDドライブにおけるロック/アンロックの実装

 VirtualBox 3.2.2 on FreeBSD 9

図 VirtualBox 3.2.2 on FreeBSD 9

なお,sysctl kern.osreldateの実行結果が900011よりも大きな数になっている9-CURRENTでは,VirtualBoxのカーネルモジュールがインストールできないように変更されました。リビジョンでいうとr207841までは利用できますが,r207842以降では利用できません。

これは,これ以後のカーネルではビルドや動作の面で問題があるからとされています。調査および対処はこれからの作業とされています。

9-CURRENTでVirtualBoxを利用する場合,r207842までロールバックさせておく必要があります。

ホストのVirtualBoxをアップデートした場合,ゲストOSにインストールしたゲストモジュールを3.2.2へアップグレードする必要があります。3.2.2ではHWクロックをUTCに設定する機能追加や,タッチパネルへの対応追加,複数ディスプレイの対応追加,SASコントローラの追加などが実施されています。

コメント

コメントの記入