FreeBSD Daily Topics

2010年7月21日 2010FreeBSDコアチーム決定,日本からは佐藤広生氏

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

core

New core team arrived

2010コアチーム選挙が実施されました。コアチームのメンバーは2年間ごとにコミッタから選出される9名によって構成される委員会で,FreeBSDプロジェクトの役員会に相当します。選挙権や被選挙権はアクティブに活動しているFreeBSDコミッタが持っています。コアチームの主な役割は次の通りです。

  • 新しいsrcコミッタの認可
  • 開発者間のいざこざの解決
  • 特定の目的に特化した小委員会における担当者の指名(セキュリティオフィサ,リリースエンジニアリングチーム,portsマネージメントグループ,ウェブマスターなどが特定の目的に特化した小委員会の例)
  • 必要に応じて実施する必要がある運営上または方針などに関する決定

2010コアチーム選挙で当選したコアチームメンバーは次のとおりです(敬称略)⁠

  • John Baldwin
  • Konstantin Belousov
  • Wilko Bulte
  • Brooks Davis
  • Warner Losh
  • Pav Lucistnik
  • Colin Percival
  • 佐藤広生
  • Robert Watson

2008年から2010年までコアチームでメンバーを務めたKris Kennaway(以後敬称略)⁠Peter Wemm,Murray Stokely,George V. Neville-Neil,Giorgos Keramidasの5名はコアチームを離れることになります。日本からは佐藤広生氏が2008コアチームに引き続き,2010コアチームに当選しました。

コメント

コメントの記入