FreeBSD Daily Topics

2010年9月28日 ZFS v14からv15へアップグレードする方法,FreeBSD 8-STABLE

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分


FreeBSD file server upgrade(zfs pools)
stable - FreeBSD file server upgrade (zfs pools) - Vasile CristescuにおいてFreeBSD 8-STABLEにマージされたZFS v15へアップグレードする方法が紹介されています。ZFSv15は2010年7月13日に9-CURRENTへマージされ,2010年9月15日に8-STABLEへマージされました。

まず,8-STABLEを2010年9月15日以降のブランチへアップグレードします。次に,zfs allow,zfs unallow,zfs groupspace,zfs userspaceなどのサブコマンドでPythonを使うようになりましたので,これに対応するためにsysutils/py-zfsをインストールします。ここまで作業したら,次のようにzpoolをv14からv15へアップグレードします。

 zpool(1M) - zpoolのバージョンアップが可能であることをチェック

# zpool upgrade
    This system is currently running ZFS pool version 15.
    The following pools are out of date, and can be upgraded.  After being
    upgraded, these pools will no longer be accessible by older software versions.
    -  ----
    14   storage
    Use ‘zpool upgrade -v’ for a list of available versions and their associated

 zpool(1M) - バージョンごとの特徴をチェック

# zpool upgrade -v
This system is currently running ZFS pool version 15.

The following versions are supported:

---  --------------------------------------------------------
 1   Initial ZFS version
 2   Ditto blocks (replicated metadata)
 3   Hot spares and double parity RAID-Z
 4   zpool history
 5   Compression using the gzip algorithm
 6   bootfs pool property
 7   Separate intent log devices
 8   Delegated administration
 9   refquota and refreservation properties
 10  Cache devices
 11  Improved scrub performance
 12  Snapshot properties
 13  snapused property
 14  passthrough-x aclinherit
 15  user/group space accounting
For more information on a particular version, including supported releases, see:

Where 'N' is the version number.

 zpool(1M) - すべてのプールを最新バージョンへアップグレード

# zpool upgrade -a

 zpool(1M) - アップグレードしていることを確認

# zfs upgrade
This system is currently running ZFS pool version 15.

All pools are formatted using this version.
FreeBSD file server upgrade(zfs pools)

Vasile Cristescuでは言及されていませんが,9月15日以降の8-STABLEではzfsのバージョンが3から4にアップグレードしています。zfsのアップグレードは上記作業で実施したコマンドをzpoolからzfsに置き換えることで実施可能です。そうした場合,zpoolがv15,zfsがv4へアップグレードすることになります。


# zfs upgrade
# zfs upgrade -v
# zfs upgrade -a
# zfs upgrade

なお,zpoolのバージョンをアップグレードすれば,それ以前のバージョンのシステムからは最新のzpoolへはアクセスできなくなります。また,zfsのバージョンをアップグレードすると,以前のバージョンからはこの新しいバージョンにzfsにはアクセスできなくなります。すでに実験目的以外の用途でFreeBSD ZFSを活用している場合,どうしても新しいバージョンで追加された機能が使いたいということであれば,アップグレードを実施する前に実験機や仮想環境などでスナップショットやファイルシステムの設定などの模擬環境を作り,アップグレードしても問題がないことを確認してから作業してみてください。