FreeBSD Daily Topics

2010年10月6日 FreeNAS 8,開発状況報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

products

FreeNAS 8 Upgrade report

FreeNASの開発者であるWarner Losh氏がWarner's Random Hacking Blog: FreeNAS 8 -- Updateにおいて,最近のFreeNASの開発状況を報告しています。報告されている内容は次のとおりです。

  • Web管理画面GUI関連の作り替えをほぼ完了。これまでは静的な構造になっていたものの,新しいシステムはよりダイナミックでDOJOドリブンな仕組みへ変更されている。
  • PC-BSDで開発された新しいインストーラpc-sysinstallをベースに使って新しいインストーラを開発。pc-sysinstallはFreeBSDにもマージされている。
  • FreeBSD 8.1-RELEASE時のPorts Collectionへアップグレード。
  • NanoBSDデバイスラベルを従来のものよりもより柔軟なものへ変更。この変更はFreeBSDにもマージ済みだという。結果として単一のイメージでCF,VirtualBox,VMWareのそれぞれ違うデバイスタイプに対応したイメージが作成できるようになったと説明がある。

FreeNASはFreeBSDをベースに開発されているNASソリューションです。簡単にインストールでき,Webブラウザからの管理が可能という特徴があります。簡単にZFSを使ったNASソリューションが構築できるということで人気があります。従来のシステムはWeb管理画面GUIの部分がモノリシックな作りになっていたため拡張が難しいという課題がありましたが,現在の開発でこの部分がほぼ解消されつつあるほか,より最新のFreeBSDへアップグレードしやすいようにアーキテクチャの作り替えが進んでいます。

コメント

コメントの記入