FreeBSD Daily Topics

2010年11月19日 LLVM Clang 2.8,9-CURRENTにマージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q3 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

Clang Replacing GCC in the Base System

current - FreeBSD 9-CURRENTへLLVM Clangの最新リリース版となるバージョン2.8がマージされたことが報告されています。システムおよびカーネルを構築するために必要になる変更はすべてマージされており,amd64およびi386のビルドが可能であると紹介されています。なお,バージョン2.8にはアセンブラの機能も統合されていますが,まだこの機能は一般利用できる状況にはなっていないということです。

FreeBSD 9-CURRENT / clang(1)実行例

# uname -v
FreeBSD 9.0-CURRENT #8 r214856: Sat Nov  6 14:28:21 JST 2010     root@parancell.ongs.co.jp:/usr/obj/usr/src/sys/PARANCELL
# which clang
/usr/bin/clang
# clang -v
FreeBSD clang version 2.8 (tags/RELEASE_28 115870) 20101007
Target: x86_64-undermydesk-freebsd9.0
Thread model: posix
#

Ports Collectionに登録されているアプリケーションをLLVM Clangでビルドするための取り組みも紹介されています。LLVM Clangへの入れ替えに取り組んでいるメンバーは最新の機能を取り込んでいくため,だいたい2ヵ月おきにLLVM Clang最新版のマージを実施していきたい旨を伝えています。

コメント

コメントの記入