FreeBSD Daily Topics

2010年12月2日 FreeBSD,D-Link DAP-1350無線LANルータに移植

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q3 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

FreeBSD/mips Ralink RT3052F/Broadcom BCM5354

FreeBSD/mipsがD-Link Wireless N Pocket Router & Access Point(D-Link DAP-1350)へ移植されたことが報告されています。D-Link DAP-1350はワイヤレスアクセスポイント,ワイヤレスルータ,ワイヤレスクライアントとしての3つのモードを持つワイヤレスデバイスです。Ralink RT3052F SoCをベースに開発されています。報告されているドライバの対応状況は次のとおりです。

rt2860Ralink RT2860 802.11n動作を確認
rtRalink RT3052FオンチップEthernet MAC対応完了
rtswオンチップEthernetスイッチ開発中(UBootで初期化した段階)
usb-otgUSB OTGコントローラ動作を確認
gpioRT3052FオンチップGPIOLEDとボタンの動作を確認
cfiCFI NOR Flash動作を確認

残っている開発課題としてはまだ実装していないドライバやオフロード機能の実装,現在のドライバの改善などが挙げられています。

コメント

コメントの記入