FreeBSD Daily Topics

2011年1月6日 バイナリベースアプリアップデートシステムpkg_upgrade登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q3 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

pkg_upgrade(sysutils/bsdadminscripts)

Dominic Fandrey氏がFreeBSDパッケージのアップグレード管理を実施するツールpkg_upgrade(sysutils/bsdadminscripts)を報告しています。pkg_upgradeはパッケージをベースにバイナリベースでアプリケーションのアップグレードを実施するためのメカニズムです。PBIのように専用のパッケージシステムを開発するのではなく(なお,PBIはPorts Collectionをベースに構築されており,アプリケーション構築のベースを完全にPorts Collection以外にしているというわけではありません),Ports Collection/Packagesの枠組みのまま,アップグレードメカニズムを実現しているところが特徴となります。

pkg_upgradeが興味深いのは開発にシェルスクリプトを採用している点にあります。しかもよく使われる方法ではなく,オブジェクト指向の手法を適用しているところが注目されます。どういったテクニックを採用してプログラミングを実施したかはEuroBSDCon 20101で発表がありました。

Ports Collectionをベースとしたアプリケーション管理システムは柔軟ですが,ソースコードからアプリケーションをビルドしてインストールするため短時間で手軽にアップデートしたいという用途では別の枠組みを使う必要があります。pkg_upgradeはPorts Collection/Packagesをベースとしており,そうした用途に活用できます。

コメント

コメントの記入