FreeBSD Daily Topics

2011年2月2日 高圧縮率を実現するxzをFreeBSDシステムにマージ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q3 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

xz Compression for Packages and Log Files

9-CURRENTおよび8-STABLEのbsdtar(1),pkg_create(1),pkg_add(1)にxz圧縮のサポートが追加されたことが紹介されています。この結果,.txzのサフィックスを持ったパッケージが作成できるようになった他,.txzサフィックスのパッケージがインストールできるようになったと説明があります。ログにおけるxz圧縮の利用は今後の作業になるとされています。

xzは高圧縮率を実現したデータ圧縮ソフトウェアです。GZIPよりも30%ほど圧縮率が高く,BZIP2よりも15%ほど圧縮率が高いとされています。また展開時の処理も早く,BZIP2と比較して展開にかかる時間が半分ほどだと説明があります。性能的に判断してもライセンス的に見てもxzは扱いやすく,今後システムでデフォルトで採用されるフォーマットになっていくことが予想されます。パッケージの形式を.tbzから.txzに変更するかどうかは今後の検討課題となります。

コメント

コメントの記入