FreeBSD Daily Topics

2011年4月13日 GEOMベースのRAID0/1モジュール開発(geom_raid)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q4 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

GEOM-based ataraid(4) Replacement

Alexander Motin氏およびM. Warner Losh氏がGEOMをベースに開発が進められているRAIDモジュールの話を紹介しています。FreeBSDは現在,従来のATAサブシステムをCAMサブシステムの元へ統合するように開発を進めています。この影響の1つとして,ataraid(4)が利用できなくなる見通しです。

GEOMベースのRAIDモジュール(geom_raid)の開発はこれに対応するもので,GEOMのクラスの形でRAIDを構築します。今のところRAID0およびRAID1に焦点を当てて開発が進められていると説明されています。開発されている機能はモジュール化が取り組まれており,共通のコアを1つ持ち,2つのモジュールが開発されています。

この開発はCisco Systemsの支援を受けて開発されていると説明があります。

コメント

コメントの記入