FreeBSD Daily Topics

2011年4月28日 Chrome 10,FreeBSDに登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分
Chrome 10 FreeBSD

FreeBSDのPorts CollectionにChromium 10系がマージされました。www/chromiumからインストールできます。Chromiumのportはこのportが導入される以前から存在していましたが,サブスクリプションモデルとPorts Collectionへの公開というハイブリッドモデルを採用したため,Ports Collectionに登録されているportが常に古く,脆弱性があるバージョンが残り続けるという問題がありました。

図1 FreeBSD 9で動作するChromium 10 その1

図1 FreeBSD 9で動作するChromium 10 その1

図2 FreeBSD 9で動作するChromium 10 その2

図2 FreeBSD 9で動作するChromium 10 その2

Chromiumのportはamd64版とi386版で利用できます。なお,ビルドする際にはデバッグオプションを指定しないようにしてください。デバッグオプションを指定してビルドするとroot以外はChromiumを起動できなくなる可能性があります。Chromiumのコマンド名は「chrome」です。実行すると複数のプロセスが走ることを確認できます。マルチプロセスはChromeの特徴の1つで,最近のマルチコア/プロセッサと相性が良く高い性能を発揮します。

マルチプロセスアーキテクチャを採用したChrome

% ps auxww | grep chrome | grep -v grep
daichi     38027  10.4  1.5 868152 128888  ??  S     7:39午後    0:02.36 chrome: --type=zygote (chrome)
daichi     37962   8.2  0.4 204528  30860  ??  S     7:36午後    0:17.28 chrome:  (chrome)
daichi     37907   2.2  1.0 331648  80268  ??  Ss    7:36午後    0:08.67 chrome:  (chrome)
daichi     37963   0.0  0.4 206896  31560  ??  S     7:36午後    0:00.10 chrome: --type=zygote (chrome)
daichi     37966   0.0  0.8 828220  65276  ??  S     7:36午後    0:01.21 chrome: --type=zygote (chrome)
daichi     38013   0.0  0.9 834860  72272  ??  S     7:38午後    0:01.08 chrome: --type=zygote (chrome)
daichi     38015   0.0  1.1 855200  95312  ??  S     7:39午後    0:02.36 chrome: --type=zygote (chrome)
%

Chromiumはライセンス的にもFreeBSDと相性が良いところがあり,またFreeBSDで開発された新しいセキュリティ機能であるCapsicumを実践するいいプラットフォームでもあります。

これまでFreeBSDワークステーション/デスクトップで最新のHTML5/CSS3機能を利用するにはOpera(www/opera)を使うのが現実的でしたが,これにChromiumが追加されたことになります。また,Firefox(www/firefox)のportもFirefox 4リリース直後に4.0対応へアップグレードされるなど,素早い対応が実施されています。Firefoxも今後は数ヵ月おきのメジャーアップグレードが計画されており,FirefoxもHTML5/CSS3の新機能を試すアプリケーションとして活用できるようになる見通しです。

コメント

  • pgrep

    grep -vなどしなくても、pgrep chrome、でいいのでは?

    Commented : #1  uebayasi (2011/04/28, 16:33)

コメントの記入