FreeBSD Daily Topics

2011年5月12日 FreeNAS 8.0登場,FreeBSD 8.2およびZFSベースの新しいNASソリューション最新版

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

release

FreeNAS 8.0 Release

FreeNASの最新版となるFreeNAS 8.0が公開されました。FreeNASはFreeBSD 8系をベースに構築されたNASソリューションです。USBメモリやコンパクトフラッシュなどにインストールし,Webから手軽にNASを構築できるソリューションとして人気があります。FreeNAS 8.0における主な特徴は次のとおりです。

  • NFS,CIFS,AFP,FTP,TFTP,iSCSIエクスポートおよびターゲットのサポート
  • ZFSおよびUFS2をサポート。第1ファイルシステムとしてはZFSが利用される。今後はUFSではなくZFSを使うことが推奨される
  • Active DirectoryまたはLDAPのユーザ認証に対応
  • FreeBSD 8.2をベースにさまざまなコンポーネントを作り替え

FreeNAS 8.0はFreeNAS 0.7.x系から比べるとベースシステムおよび管理GUIに対して根本的な作り替えが実施されたバージョンとされており,これまで問題とされてきたさまざまな点が改善されています。対象もエンタープライズ向けに調整されており,企業ユースを想定したものに仕上がっています。

FreeNAS 8.0はFreeBSD 8.2をベースとしていますが,バージョン番号は「8.0」とされています。これは今後機能を追加してのリリースが予定されているため,その糊代としての意味で付けられたものです。⁠8.1」⁠8.2」とリリースが実施され,FreeNASのリリースがFreeNAS 8.2のようにベースとしているFreeBSDのバージョンに追いついてからは,8.2.1,8.2.2のようにさらに番号を追加してのリリースが実施されることになります。

コメント

コメントの記入