FreeBSD Daily Topics

2011年6月16日 FreeBSD/armおよびFreeBSD/powerpc,新しいH/W対応状況報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2011Q1 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

FreeBSD/arm on Marvell Raid-on-Chip and FreeBSD/powerpc on Freescale QorIQ

current - RAIDオンチップコントローラであるMarvell 88RC8180と,その次世代バージョンとなる88RC9580のサポート状況が報告されています。FreeBSD/armにおける88RC8180と88RC9580のサポート状況は次のとおりです。

  • U-Bootブートローダ経由での起動
  • L1キャッシュおよびL2キャッシュ
  • シリアルコンソールサポート(UART)
  • 割り込みコントローラ
  • 組込みタイマ
  • PCI Express(Root ComplexとEndpointに対応)
  • ドアベルおよびメッセージ
  • Ethernetコントローラ

PowerアーキテクチャベースのコミュニケーションマイクロプロセッサであるFreescale QorIQのサポート状況も報告されています。FreeBSD/powerpcにおけるFreescale QorIQのサポート状況は次のとおりです。

  • QorIQ P2020サポート
  • U-Bootブートローダ経由での起動
  • L1キャッシュおよびL2キャッシュ
  • シリアルコンソールサポート(UART)
  • 割り込みコントローラ
  • Ethernetコントローラ(TSECおよびSGMIIモード)
  • I2C
  • EHCIコントローラ
  • セキュリティエンジン(SEC)3.1
  • PCI Express(ホストモード)
  • Enhanced SDHC
  • デュアルコアサポート

FreeBSDは組込みデバイスにおけるOSとしての採用シーンを広げています。

コメント

コメントの記入