FreeBSD Daily Topics

2011年6月17日 GEOMベースの新しいRAIDクラスを活用 - FreeBSD 9からはataraid(4)ではなくgraid(8)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2011Q1 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

GEOM-based ataraid(4) Replacement - geom_raid

current - FreeBSD 9-CURRENTに新しく追加された「GEOM RAIDクラス」が報告されています。これは従来,ataraid(4)で提供されてきたBIOSベースのソフトウェアRAIDを置き換えるために導入された機能です。Cisco SystemsおよびiXsystemsの支援のもとで開発されています。

FreeBSD 9は従来のata(4)サブシステムを廃止し,かわりにCAMにATAの機能を統合します。ATAをCAMサブシステムのもとで一元的に扱えるようになります。ataraid(4)はata(4)サブシステムに依存する形で開発されていたため,結果的に9以降はデフォルトでは使えなくなります。GEOM RAIDクラスはこれを解決するためにGEOMクラスとして開発されたRAID機能です。ATAのディスクドライバとも,CAMのディスクドライバとも組み合わせて利用することができます。

現在のところ,メタデータフォーマットとして実装されているのはIntel,JMicron,NVIDIA,Promise(AMD/ATI)⁠SiliconImageです。サポートされているRAIDレベルはRAID0,RAID1,RAID1E,RAID10,SINGLE,CONCATとなります。

どのRAIDレベルを採用しても,どのメタデータフォーマットを使用しても「読み込み,書き込み,作成,削除,ディスク挿入,ディスク外し,再構築,不正シャットダウン検出と再同期,不良セクタリカバリ,障害ディスクトラッキング,ホットスペアディスク」といったボリューム操作のすべてのサイクルがサポートされます。IntelまたはPrimiseフォーマットに対してはさらにディスクセットごとのマルチボリュームもサポートされています。

GEOM RAIDクラスの操作はgraid(8)から実施します。操作の詳しい内容はgraid(8)のオンラインマニュアルをご覧ください。今後の開発としては,まだサポートしていないフォーマット(DDF,Highpoint,VIAなど)向けメタデータモジュールの実装,まだサポートしていないRAIDレベル(RAID5など)を実現するための変換モジュールの実装などが挙げられています。

コメント

コメントの記入