FreeBSD Daily Topics

2011年7月25日 NFSv4サーバセットアップ方法 - /etc/exports

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

FreeBSD 9-CURRENTにはNFSv4のコードがマージされています。FreeBSD 9.0を使ってNFSv4ストレージシステムの構築が可能です。これから何回かに分けて,NFSv4サーバおよびクライアントをセットアップする方法を紹介します。

src

How to setup the NFSv4 server - /etc/exports

current - NFSv4で共有の対象とするマウントポイントを/etc/exportsに指定します。書き方はNFSv3のときと同じですが,NFSv4向けに新しくツリールートの指定が追加されています。たとえば次のように/etc/exportsを記述します。

/etc/exports のサンプル

V4: / -network 192.168.1.0 -mask 255.255.255.0
/home/daichi
/home/netdisk1
/home/netdisk2
/home/netdisk3
/usr/ports/distfiles -maproot=root

V4: ではじまっている行がNFSv4におけるルートの指定です。ここでは「/」が指定されていますので,たとえばクライアントが/home/daichiをマウントしようとした場合,そのまま利用できます。ルートを「/home」にした場合,クライアントは/daichiをマウントすると,サーバにおける「/home/daichi」がマウントされることになります。

V4: は複数は指定できません。ほかの行はNFSv3で使っていたのと同様の方法でマウントポイントを記載します。こうした仕組みになっているので,NFSv3とNFSv4を同時に提供することができます(V4:の行だけではマウントできません。提供するマウントポイントはかならず記載する必要があります)。

/etc/exportsを書き換えたらmountd(8)デーモンに設定を読み込ませます。次のコマンドで実施できます。

/etc/exportsの内容をmountd(8)へ反映させるコマンド

service mountd reload

/etc/exportsはよく書き間違える設定ファイルでもあります。別のターミナルから「tail -f /var/log/messages」としてログをモニタリングしながら,上のコマンドを実行してください。設定ファイルの書き方が間違っていればログにその旨が表示されます。

コメント

コメントの記入