FreeBSD Daily Topics

2011年8月10日 VirtualBox 4.1.0 portの試験呼びかけ - 早期のマージへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ports

Call for Testers: VirtualBox 4.1.0

VirtualBox 4.1.0 portの試験が呼びかけられています。今回のportはすでに仕上がりもよく,かなり短期間でPorts Collectionに導入されることになるのではないかと見られます。FreeBSD 8.2-RELEASE向けのパッケージはamd64版およびi386版からダウンロードできます。

VirtualBox 4.1.0にはいくつもの新機能が追加されており,よりエンタープライズ用途で活用できるバージョンに仕上っています。別のホストで稼働しているゲストOSをダイレクトに接続するUDPトンネリング機能,Windows 7などのゲストOSにおける3Dレンダリング機能の強化,仮想環境クローニング機能,メモリサイズ上限を1TBまで拡大,などが特徴的なバージョンです。

Linux向けに実験的に提供されるようになったPCIパススルー機能がFreeBSDで使えるかどうかはわかりません。VirtualBox/ToDo - FreeBSD WikiにはPCIパススルー機能は評価対象としてTodoに挙げられています。

VirtualBoxはFreeBSDで安定して動作しており,パーソナルユースで活用できるのはもちろん,エンタープライズにおいて既存のOSやサービスを統合するためのプラットフォームとしても活用できます。特にVirtualBox 4.1.0はエンタープライズ向けの機能が強化されており,正式登場が楽しみなバージョンです。

コメント

コメントの記入