FreeBSD Daily Topics

2011年9月30日 FreeBSD 1.x系とFreeBSD 10.x系ダブルディジット問題について

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

10.0-CURRENT 2digit issue

current - FreeBSD開発版のバージョンが10.0へアップデートされたことで,10.0-CURRENTにおけるPorts Collectionの利用が不安定なものになっています。currentメーリングリストに流れたHEADS UP: ports/ and 10.0-CURRENT - ReadList.comが内容を紹介しています。

問題の多くはconfigureにあります。configureには次のようなコードが含まれていることがあります。これはFreeBSD 1.x系に対して処理を振り分けるものですが,この記述では10系もヒットしてしまい,予想されない状態になります。

freebsd1*)
  ld_shlibs=no
  ;;

この問題を回避するには,個別にconfigureに修正を加えてビルドするか,バージョン番号を9系として認識させるなどの方法があります。この問題への取り組みは9.0-RELEASEが完了するまで取り組まれないことになっていますので,自力での対応が無理な場合には対応が済むまでCURRENTにおけるアプリケーションのアップデートは控えておいた方が良いでしょう(どうしてもビルドしなければならないという場合,uname(1)のマニュアルを読んでみてください。一応これで回避できるといえばできます)。

このようにバージョン番号が1桁から2桁にあがるときに問題が発生するというのはOSに限らず,多くのソフトウェアでも起こります。最近ではOperaやIEのバージョンが2桁にあがったときなどにこうした問題が話題になりました。

コメント

コメントの記入