FreeBSD Daily Topics

2011年11月4日 現行パッケージシステムの問題点

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

eurobsdcon

problems of current Package system

FreeBSDのアプリケーション管理システムはPorts Collectionを基本としています。Ports Collectionはバージョンやブランチという概念を持たず,常に最新版という仕組みを採用しています。FreeBSDのリリースに合わせてフリーズフェーズが設けられ,リリースに向けたまとめの作業が実施されます。

Ports Collectionから生成されるバイナリパッケージ集が「Pacakges」です。基本的にリリースに対して提供されます。ビルド済みなので簡単にインストールできるという特徴があります。初心者のほとんどは,Packagesを使ってアプリケーションのインストール作業をしたことがあるでしょう。

このように,もともとアップデートを考えた作りにはなっていないので,Packagesベースでアプリケーションのアップデートなどを実施しようとすると,なにかと問題が起こります。そういった場合にはPorts Collectionを使うのが一般的な対処方法ですが,ただ使えればいいだけの初心者ユーザであったり,業務で安定して動作してくれればいい企業ユーザにとっては,すべてコンパイルするというのは面倒な作業でもあったりします。

また,管理する対象が1,2台程度ならまだしも,これが10台20台と増えていった場合,Ports Collectionベースの管理方法はそのままでは面倒になってきます。毎日全PCがアプリケーションのビルドをするというのは,考えてみると不毛な部分があります。バイナリベースのパッケージ管理システム,とくにアップグレードが考慮された仕組みが必要です。

バイナリベースのパッケージ管理システムとしてはPC-BSDのPBIが一歩先に進んでいますし,FreeBSDでも利用できるようになりました。しかし,Ports committersもPackagesそのものを改善する取り組みを進めており,今回のFreeBSD DevSummitでもこの点に焦点を当てて議論が実施されました。

コメント

コメントの記入